注目通貨のその後の推移・新興国通貨のトレンドの状況 | 石原順の日々の泡 

石原順の日々の泡 

FX・株式・債券・海外先物市場
    四方山話

 

 

注目通貨のその後の推移です。ユーロ/ドルはラジオで申し上げたようにレンジを下にブレイクしました。

 

 

本日の話題はトルコトラの急落ですが、トルコリラ/円はいったんのセリングクライマックス的な大陰線が出ています。しかし、値動きによっては月曜の朝以降も強制ロスカット玉がさらに出てくる可能性があります。相場の反転にはすくなくとも大陽線の出現が必要でしょう。

 

 

このトルコリラの動きがマネーロンダリングや経済制裁がらみのトルコだけの特殊要因で終わるのか、他の新興国通貨に波及するのか、市場は神経質になっています。

 

 

 

トルコ・リラ急落続く、トランプ大統領が関税引き上げの一撃加える

 

  トルコが全面的な金融メルトダウンにまた一歩近づいた。トランプ米大統領が同国への一部関税を倍に引き上げることを承認したほか、トルコ政策当局に相場急落を食い止める能力はないとの見方が広がった。

 

  通貨リラは一時24%下落し、次々と最安値を更新。株価指標のイスタンブール100種指数は一時8.8%下げた。インフレ高進と新興国で最も大幅な経常赤字で既に圧迫されているリラに、米国の行動は新たな一撃を与えた。トルコの混乱で他国への波及懸念が強まる中、リスクの高い資産を敬遠し、先進国債券に安全性を求める動きが広がった。米国債とドイツ国債が上昇、南ア・ランドやアルゼンチン・ペソが売られ、株式相場は世界的に下落した。

 

  トルコの債券も値下がりし、指標となる債券の利回りは過去最高水準を付けた。同国のエルドアン大統領が市場に対し、好戦的な姿勢を示したことが背景。米政府によるトルコ閣僚2人に対する制裁決定で相場の大荒れが誘発されて以来初めて公に発言したエルドアン大統領は、国民に外貨売りを呼び掛けた。「これは国家的、地域的闘争だ。これがトルコに経済戦争を仕掛ける者へのわが国の答えだ」と述べた。

 

  トルコのアルバイラク財務相は同国の「新たな経済モデル」を発表するために記者会見を開いたが、投資家の懸念を和らげる政策メッセージを示すことはできなかった。

 

  ブラウン・ブラザーズ・ハリマンのストラテジスト、ウィン・シン氏は「良い結末にはならないだろう」と発言。「物事が進んでいる状況を踏まえると、経済のハードランディングや外貨建て社債のデフォルト(債務不履行)、銀行破綻の可能性に市場は備える必要がある」と話した。

 

 

 

 

画像をクリックすると大きく表示されます。

 

 

●ポンド/ドル(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●ポンド/円(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●ユーロ/ドル(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●ユーロ/円(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●ドル/円(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●NZドル/ドル(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●NZドル/円(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●南アランド/円(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

●トルコリラ/円(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)・標準偏差ボラティリティ(26)

下段:売買シグナル 買いトレンド=グリーン・売りトレンド=オレンジ

 

 

 

 

出所:Custom Chart 

スマホアプリ「Custom Chart」は、サクソバンク証券とパンローリングが提携して開発されました。

 

 

 

 

●ドル/トルコリラ(週足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ

下段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)

出所:サクソバンク証券スマホ版SAXO TRADERGOチャート

 

 

 

●ドル/トルコリラ(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ

下段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)

出所:サクソバンク証券スマホ版SAXO TRADERGOチャート

 

 

 

●ドル/トルコリラ(1時間) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ

下段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)

出所:サクソバンク証券スマホ版SAXO TRADERGOチャート

 

 

 

8月28日石原順氏講演:標準偏差ボラティリティモデルを活用したFX・CFD取引戦略

 

【無料・特別タイアップセミナー】 8月28日(火)石原順氏講演:標準偏差ボラティリティモデルを活用したFX・CFD取引戦略

 

セミナー内容(予定)

●2018年後半のマーケット(為替と外国株)見通し

●標準偏差ボラティリティモデルを活用したFX戦略

●米国個別株CFD取引と注目銘柄

 

 

講師 石原順氏

日時 8月28日(火)19:30-21:00(開場19時15分) 
場所 虎ノ門琴平タワー 3階 大セミナー会場 (最寄駅:虎ノ門駅)
対象者 サクソバンク証券口座をお持ちの方
定員 70名


ご応募多数の場合は、抽選となることがございます。参加の可否は開催の3日前までに抽選結果を別途メールにてご連絡いたします。

 

サクソバンク証券の口座開設は下のバナーからどうぞ!

サクソバンク証券

いまならお得なキャッシュバックキャンペーンを実施中。お早めに!

 

 

 

 

 

スマホアプリ「カスタムチャート」の正式版のリリースは2018年の年末を予定しておりますが、「DVD 石原順のボラティリティトレードシグナル」をご購入されたお客様は、7月3日リリースの「カスタムチャート」のiOSβ版(石原順の順張り・逆張りインジケーター搭載(有料))を数か月間無料で使用することができます。

 

 

アプリのダウンロードはこちらから↓

iOS版「パンローリング カスタムチャート」のダウンロード

 

Android版は2018年12月頃を予定しています。
本アプリの価格データは サクソバンク証券のものを利用しています。
電話でのサポートはしておりませんのであらかじめご了承ください。

 

 

サクソバンク証券のFXのシステムはサーバーが強く、約定力が高いと評判です。月曜日の取引開始時刻は早朝午前3~4時と他社より格段に早く、週末に大事件があったときもいち早く取引できます。

 

FXでは約160通貨ペアと銘柄数が非常に多いことも特徴で、同一画面でFXやCFDの取引が可能です。また、プロの為替ディーラーが利用する通常のオプション取引である「FXバニラオプション」が取引できます。

 

 

いまならお得なキャッシュバックキャンペーンを実施中。お早めに!サクソバンク証券

 

 


※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

 

 

 

石原順(西山孝四郎)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス