小口投機家玉は逆張り指標!?COTレポートで相場を読む | 石原順の日々の泡 

石原順の日々の泡 

FX・株式・債券・海外先物市場
    四方山話


テーマ:

 

レポートを書きました。

小口投機家玉は逆張り指標!?COTレポートで相場を読む

をご覧ください。

 

・米中貿易戦争はトランプ大統領の勝ち!?

・COTレポートで為替相場を読む

・いつ米国の景気は終わりを迎えるのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7月14日(土) 大阪の「楽天証券19周年記念セミナー」で、

「2018年から2019年にかけての市場見通し」

をテーマにセミナーをおこないます。

 

大阪ブースエリアセミナーでの石原順講演時間は、当初は11:10-12:00となっておりましたが、諸事情により12:10-13:00に変更されました。

講演は12:10-13:00ですので、お間違えの無いよう、ご来場ください。よろしくお願いします。

(石原順)

 

 

 

 

大阪ブースエリアセミナー

ミニセミナー会場とは別開催となるため開催場所については、当日配布する冊子のブースMAPをご確認下さい。

 

12:10-13:00

 

「2018年から2019年にかけての市場見通し」
石原 順 氏
現役ファンドマネージャー

 

 

 

 

 

 

 

 

「万にひとつ」が明日来る――。『まぐれ』『ブラック・スワン』のタレブが、経済、金融から、テクノロジー、人生、健康、そして愛まで、この不確実な世界で不確実性を飼いならし、したたかに生き延びるための唯一の考え方「反脆弱性」について語り尽くす。

 

 

反脆弱性[上]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方

 

 

 

【 2種類の知識を考えてみよう。

 

 ひとつ目は厳密にいえば “知識” ではない。そのあいまいな性質のせいで、私たちはそれを知識の厳密な定義と結びつけることができない。直接的な言葉ではっきりと表現することはできないが(「アポファティック」とも呼ばれる)、それでも私たちが実際に行っている、しかも上手に行っている物事のやり方である。

 

 ふたつ目は、一般にいう “知識” に近い。学校で教わり、成績をつけられ、体系化できる物事だ。もっと言えば、説明、学問化、合理化、形式化、理論化、成文化、ソビエト化、官僚化、ハーバード化、証明などが可能な物事だ。

 

 浅はかな合理主義では、人間にかかわる物事について、ふたつ目の知識、つまり学術的な知識の役割や必要性を過大評価し、体系化できない複雑で直感的で経験的な知識を軽視してしまう。】 

 

上巻 「ソビエト=ハーバード大学の鳥類学部」より

 

 

「絶対ない」は絶対ない――。『まぐれ』『ブラック・スワン』のタレブが、経済、金融から、テクノロジー、人生、健康、そして愛まで、この不確実な世界で不確実性を飼いならし、したたかに生き延びるための唯一の考え方「反脆弱性」について語り尽くす。

 

反脆弱性[下]――不確実な世界を生き延びる唯一の考え方

 

 

 

 

 

当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

石原順(西山孝四郎)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス