適温相場は持続可能か?金利上昇とリスクパリティ戦略の「全部買い」ポジションの行方 | 石原順の日々の泡 

石原順の日々の泡 

FX・株式・債券・海外先物市場
    四方山話


テーマ:

 

6月15日(金曜日)の

【西山孝四郎のマーケットスクウェア】ラジオNIKKEI第1 毎週金曜日 15:10~16:00 

は、

 

●米朝首脳会談・FOMC・ECB理事会と今週の振り返り

 

●トランプの貿易戦争とブラックマンデーの構図

●リスクパリティ戦略の「全部買い」ポジションと金利上昇によるボラティリティジャンプ!

●インデックス買いブームはフラッシュクラッシュの火種

●流動性不足のジャンク債がハイイールド債ETFに変身!中央銀行バブルと証券化ブームのあだ花か・・

●米国株市場は自社株買いブーム

●長短スプレッド縮小は不景気の前触れか?

 

●ゴルディロックス相場は持続可能か?

 

といった話を中心にお話しする予定です。

 

ぜひ、ご覧ください

 

【動画配信・・・2018年4月から毎週配信!】


※動画フォーマットは従来のUstreamからYouTubeへ移行。

ザ・マネー 西山孝四郎のマーケットスクエア のライブ ストリーム

 

ラジオNIKKEIの番組ホームページへは、コチラからどうぞ!

 

 

 

 

標準偏差ボラティリティトレードはあらゆる商品とタイムフレームに拡張が可能である。

 

 

この世に絶対に儲かる売買手法など存在しない。

だが、ゲームの勝者になるためには、エッジ(優位性)というものを見つける必要がある

 

相場は確率に賭けるゲームである。

 

DVD 石原順のボラティリティトレードシグナル

早期割引中 12,000円 ~6月30日まで~通常価格15,000円+税~

 

 

標準偏差ボラティリティトレードとATRチャネルトレードに売買シグナルを搭載し、これまでのDVDのなかで最高の出来に仕上がっています。ぜひ、お試しください♪

 

●トレーダーズショップ月間総合ランキング1位(6月1日更新)

 

 

 

 

Jesse Lauriston Livermore

ジェシー・ローリストン・リバモア(Jesse Lauriston Livermore、1877年7月26日 - 1940年11月28日)はアメリカの著名な投機家、相場師である。「ウォール街のグレートベア」という異名をもつ。

 

 

史上最高の投資家、ジェシー・リバモアは長期的には相場では決して勝てないと言ったと伝えられている。
相場に決して勝てないという考え方は驚くべき見方だ。
だからこそ私の哲学は巧みな防御なのだ。
自分が超人的な洞察力を持っているなどと思ってはいけない。常に自信を持っていなくてはならないが、注意を怠ってはいけない。 

 (ポール・チューダー・ジョーンズ)

 

 

リバモアの株式投資術

20世紀初頭の大相場師ジェシー・リバモア直筆の書に特別収録マンガを追加した一冊

 

 

 

 

※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

 

石原順(西山孝四郎)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス