米金利連動でドル/円は110円50銭をブレイク! | 石原順の日々の泡 ーFX・株式・債券・海外先物市場展望ー

 

米金利連動相場です。

 

 

 

画像をクリックすると大きく表示されます。

 

 

●米10年国債金利(日中足)

(出所:ブルームバーグ)

 

 

 

●ドル/円(5分足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)=赤・標準偏差ボラティリティ(26)=青

下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド

 

 

 

●ドル/円(1時間足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:ADX(14)=赤・標準偏差ボラティリティ(26)=青

下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド

 

 

 

●ドル/円(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:修正平均ADX(14)=赤・標準偏差ボラティリティ(26)=青

下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド

 

 

 

(出所:MT4  赤色のシグナルで買い、黄色のシグナルで売り、間違ったらただちに損切る! 「DVD 石原順のボラティリティトレードシグナル

 

 

 

この世に絶対に儲かる売買手法など存在しない。

だが、ゲームの勝者になるためには、エッジ(優位性)というものを見つける必要がある

 

相場は確率に賭けるゲームである。

 

DVD 石原順のボラティリティトレードシグナル

早期割引中 12,000円 ~6月30日まで~通常価格15,000円+税~

 

 

標準偏差ボラティリティトレードとATRチャネルトレードに売買シグナルを搭載し、これまでのDVDのなかで最高の出来に仕上がっています。ぜひ、お試しください♪

 

 

 

●トレーダーズショップ月間総合ランキング

 

 

 

 

「適切な基本哲学を持っていれば、事態が変わることは結局利益になる。最悪でも、長い目で見れば生き残れるだろう。しかし、適切な基本哲学を持っていなければ、そのうち変化に殺されるので成功しない。私は、自分が予測なんてできないと分かっていた。 だからトレンドについていくことにしたし、だからこそ大成功し続けているのだ。私たちはただトレンドについていく。そのトレンドが初めのうちどれほどバカげて見えても、またどれほど続いても、あるいは終わりがどれほど筋が通らないように見えても、私たちはトレンドについていく」

 (ジョン・ヘンリー)

 

 

 

 

※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

 

 

 

石原順(西山孝四郎)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス