石原順の日々の泡 

FX・株式・債券・海外先物市場
    四方山話


テーマ:

 

レポートを書きました。

 

 

第113回「ファンダメンタルズは何も変わっていない。株は買いだ!というのは本当か?」石原順

 
 
 
画像をクリックすると大きく表示されます。
 
 

●株は償還期限のない債券

現在の株価は、<企業が存続する間に生み出される税引き後利益の現在価値の合計>である

 

 

 

●米10年国債金利(週足)

債券の帝王ビル・グロース(ジャナス・ヘンダーソン・グループ)は、「5年国債と10年国債の25年にわたる長期トレンドが1月9日に崩れ、債券の弱気相場が確認された」とツイッターでコメント、債券相場のベアマーケット入りを宣言していた。

上段:14週修正平均ADX(赤)・26週標準偏差ボラティリティ(青)

下段:21週ボリンジャーバンド±1シグマ(緑)

 

 

 

●VIX指数先物(日足)

VIX指数の上昇でファンドの閉鎖やリスクパリティ戦略のファンドからの株売りが一斉に出る流動性パニックが起きた。「同じ混雑した取引に捕まった全てのひとは、われ先に出口へと向かう必要がでる。これまでと反対方向への群れる行動が発生する」と流動性パニックである。

 

 

 

●NYダウCFD(4時間足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ

中段:修正平均ADX(14)=赤・標準偏差ボラティリティ(26)=青

下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド

 

 

 

●日経平均CFD(4時間足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ

中段:修正平均ADX(14)=赤・標準偏差ボラティリティ(26)=青

下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド

 

 

 

●ドル/円(4時間足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:修正平均ADX(14)=赤・標準偏差ボラティリティ(26)=青

下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド

 

 

 

●ユーロ/ドル(4時間足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:修正平均ADX(14)=赤・標準偏差ボラティリティ(26)=青

下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド

 

 

 

●原油CFD(4時間足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル

上段:ボリンジャーバンド(21)±1シグマ

中段:修正平均ADX(14)=赤・標準偏差ボラティリティ(26)=青

下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド

 

 

 

標準偏差ボラティリティトレードはあらゆる商品とタイムフレーム(時間枠)に拡張が可能である。

 

 

 

をご覧ください。

 

 

 

 

 

※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

ISHIHARAJUNさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。