S&P500 標準偏差ボラティリティモデル トレンドの状況 | 石原順の日々の泡 ーFX・株式・債券・海外先物市場展望ー

テーマ:

 

 

画像をクリックすると大きく表示されます。

 

 

●S&P500CFD(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル
上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ
中段:修正平均ADX(14)=赤・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド

 

 

 

●S&P500CFD(4時間足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル
上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ
中段:修正平均ADX(14)=赤・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド

 

 

 

●S&P500CFD(1時間足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル
上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ
中段:修正平均ADX(14)=赤・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド

 

 

標準偏差ボラティリティトレードはあらゆる商品とタイムフレーム(時間枠)に拡張が可能である。

 

「DVD 相場で道をひらく7つの戦略 ~トレード戦略編~」 石原順

 

 

 

※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

 

石原順(西山孝四郎)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス