石原順の日々の泡 

FX・株式・債券・海外先物市場
    四方山話


テーマ:

今日は10日戎(えびす)。

 

円高・ドル安・米金利高・株安・・

 

金利上昇で米国売り?それはまだテールリスクで、まあ、なんだか無茶苦茶な動きですが・・。

 

 

 

画像をクリックすると大きく表示されます。

 

 

●米10年国債金利(日中足)

(出所:ブルームバーグ)

 

 

 

●米10年国債金利(週足)

 

 

 

 

●日経平均CFD(1時間足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル
上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ
中段:修正平均ADX(14)=赤・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド

 

 

 

●NYダウCFD(1時間足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル
上段:ボリンジャーバンド(21)±0.6シグマ
中段:修正平均ADX(14)=赤・標準偏差ボラティリティ(26)=青
下段:赤色の期間=買いトレンド・黄色の期間=売りトレンド

 

 

 

●S&P500(週足)とCOTレポート

(出所:http://www.cotbase.com/)

 

 

 

●NYダウ(週足)とCOTレポート

(出所:http://www.cotbase.com/)

 

 

 

米国債相場に「正念場」とガンドラック氏-10年債利回り2.4%突破で

2017年10月25日 9:51 JST(ブルームバーグ)


2.4%上回っての取引終了は5カ月ぶり、日中は2.4262%まで上昇


米国債弱気派の時代到来も-過去1年の高水準に利回りが戻る可能性


米国債弱気派の時代がとうとう到来したかもしれない。

  10年債利回りは24日、5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇して2.42%に達し、5カ月ぶりに2.4%を上回る水準で取引を終えた。同利回りは5月以降、何度も2.4%超の水準を維持しようとして失敗してきただけに、今回の突破は過去1年の高水準に戻るさきがけである可能性がある。日中は2.4262%まで上昇した。

  この水準を付ける直前、ダブルライン・キャピタルのジェフリー・ガンドラック最高投資責任者(CIO)は「債券強気相場にもとうとう正念場がやってきた!」とツイート。「すぐにでも相場上昇が始まる必要がある。それがなければ、強気相場の死亡記事を書かねばなるまい」と続けた。


  ガンドラック氏は今年に入って一貫して債券強気派に反論。1月には米10年債利回りは3%に向かって強気相場は終わるとしたほか、2020年までに6%に到達すると予想してもおかしくないと指摘していた。 

 

 

ガンドラック氏:S&P500の18年リターンはマイナス-恒例の見通し

2018年1月10日 10:21 JST(ブルームバーグ)

 

S&P500種は今年の早い時期は好調だが、その後は下落すると予想


ビットコインの長期的価値を疑問視-保有せず


  債券運用者として著名なジェフリー・ガンドラック氏は9日、米S&P500種株価指数の2018年リターンはマイナスになると予想したほか、仮想通貨ビットコインの長期的価値に疑問を投げ掛けた。

  ダブルライン・キャピタルで最高投資責任者(CIO)を務めるガンドラック氏は年間見通しを披露する毎年恒例のウェブキャストで、「あらゆるリセッション(景気後退)指数はリセッションにない状況を示しており、これはそのような状況が織り込まれていることを意味する」と語り、「このため私はS&P500について、2018年の早い時期にかなり好調に動いた後は下がるとみている」と付け加えた。

  同氏はまた、ビットコインを所有していないことも明らかにした。同通貨を「人々は安全と思っているが、私はその逆だと感じる」と述べた。さらに、今年の最善の投資先の一つは商品かもしれないとの見方も示した。

 

 

 

 

※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

ISHIHARAJUNさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。