石原順の日々の泡 

FX・株式・債券・海外先物市場
    四方山話


テーマ:

 

米国株の標準偏差ボラティリティトレードです。

 

明日のキラメキの発想で時間があれば、少し取りあげる予定です。

 

昨日は4時間足のチャートでしたが、今日は1時間足のチャートです。

 

標準偏差ボラティリティトレードはすべての市場とタイムフレームに拡張が可能(最適化をしないトレード手法)です。

 

 

 

画像をクリックすると大きく表示されます。

 

 

●アムジェン(1時間足)

上段:ボリンジャーバンド(21)・パラボリックS&R

中段:標準偏差(26)・ADX2LINES

下段:新値3本足3LN_BRKのシグナル

 

 

 

●アマゾン(1時間足)

上段:ボリンジャーバンド(21)・パラボリックS&R

中段:標準偏差(26)・ADX2LINES

下段:新値3本足3LN_BRKのシグナル

 

 

 

●デュポン(1時間足)

上段:ボリンジャーバンド(21)・パラボリックS&R

中段:標準偏差(26)・ADX2LINES

下段:新値3本足3LN_BRKのシグナル

 

 

 

●アルファベット=グーグル(1時間足)

上段:ボリンジャーバンド(21)・パラボリックS&R

中段:標準偏差(26)・ADX2LINES

下段:新値3本足3LN_BRKのシグナル

 

 

 

●ネットフリックス(1時間足)

上段:ボリンジャーバンド(21)・パラボリックS&R

中段:標準偏差(26)・ADX2LINES

下段:新値3本足3LN_BRKのシグナル

 

 

 

●テスラ(1時間足)

上段:ボリンジャーバンド(21)・パラボリックS&R

中段:標準偏差(26)・ADX2LINES

下段:新値3本足3LN_BRKのシグナル

 

(出所:マネックス証券 米国株取引ツール トレードステーション)

 

 

*私の「標準偏差ボラティリティトレード」の最新手法マネックス証券のキャンペーンの当選者だけがトレードステーション(米国株バージョン)で利用できます。

 

私は1990年代のはじめにオメガリサーチ社の「トレードステーション」と「スーパーチャート」を使ってから、トレーディング環境が激変しました。

 

トレードステーションは、チャート分析ソフトとしては最もグレードの高いソフトです。

 

ラリーTVを見ていただくとわかりますが、ラリー・ウィリアムズもトレードステーションを使っています。

 

 

 

※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

ISHIHARAJUNさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。