石原順の日々の泡 

FX・株式・債券・海外先物市場
    四方山話


テーマ:

ドル/円のレンジブレイクに注目が集まっています。85円・84円・82円とか短期ターゲットの予想に皆がうるさくなってきました。


ところで、日本の相場師は凄いですね。今でも残っている日本古来の罫線売買はすべてレンジブレイクアウトの手法で順張りです。それぞれに、相場の転換点をとらえ、売買のタイミングを逃さない工夫がされています。


私は時間軸を重視するので、これらの指標は売買に使いませんが、本日、カギ足が円高に転換し、すべての指標が円高を示唆しています。この3つの中では、新値3本足が好みです。


(石原順)



チャートをクリックすると大きく表示されます。


ドル/円 カギ足

石原順の日々の泡


ドル/円 連行足
石原順の日々の泡


ドル/円 新値3本足
石原順の日々の泡



※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

レポートを書きました。


第145回 カネの行き場がない


https://www.rakuten-sec.co.jp/web/market/opinion/ishihara/ishihara_20100730.html


をご覧ください。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

昨夜は、内外のファンドマネージャーを集めて、年後半の相場についての意見交換をしました。株・債券・コモディティ・通貨など、各市場の見通しを聞きましたが、2010年5月以降は総じて弱気の意見が多いものの、相当見方が分かれています。


例えば、株については2番底(暴落)見通しの人もいれば、L字型のレンジ相場、バブル相場をいう人もあり、まちまちです。米国の10年国債金利については、「3%割れは下がりすぎだ。これから上昇していく」という意見から、「これから本格的な資産デフレがやってくる。米金利の低下傾向は続く。日本のようになる」という人まで極端に意見が分かれています。


私は米国の住宅動向についての意見が聞きたかったのですが、「下げ止まった」という人もいれば、「これから下げの本番だ」という人もいて、収拾がつきませんでした(笑)


各国政府・中央銀行の政策次第で、デフレにもインフレ(悪性)にもなる恐ろしい地合というか、時代に我々はいるようです。


リスクの取り手ですが、商業銀行× 投資銀行× ヘッジファンド△ 年金基金× 投資信託・ETF × SWF(ソブリンウエルスファンド) △ 中国マネー△ といった状況らしいです。


どこの市場見通しもリスクの取り手もはっきりしませんが、とりあえず2009年12月からのドル高は6月で終了したのではないでしょうか?


(石原順)



チャートをクリックすると大きく表示されます。



ドルインデックス(日足)

上段:14日ADX(赤)・26日標準偏差ボラティリティ(青)

下段:移動平均リボン

石原順の日々の泡



※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。