石原順の日々の泡 ーFX・株式・債券・海外先物市場展望ー

 

メルマガのお客様各位

「石原順のメルマガ マーケットの極意」2019年6月24日号をお送りしましたので、下記よりご確認をお願いいたします。

 

トレンドサイクルと MACD を使った順張り売買手順解説書

 
 

大相場に乗り損ねない方法は!?相場のノイズを除去して大相場に乗るノウハウは・・?


http://www.panrolling.com/seminar/ishiharajun/mailmag/archives/ishihara190624.pdf


■読者限定サイト
http://www.panrolling.com/seminar/ishiharajun/mailmag/


引き続き「石原順のメルマガ マーケットの極意」をどうぞよろしくお願いいたします


 

 

☆現在、「メルマガ読者限定トレンド転換シグナル配信」を準備中(近くリリース予定)です。

 

 

6月29(土)北浜投資塾 特別対面イベント



10:00 - 11:00 石原順「相場展望」

本音トークの60分!ぜひ、ご来場ください。

(石原順)

 

 

当日、岩井コスモ証券ブースで特典企画あり

 

 

引き続き「石原順のメルマガ マーケットの極意」をどうぞよろしくお願いいたします。

 

ちょっと書けない・話せない・・本音炸裂!第Ⅱ期メールマガジン

石原順のメルマガ「マーケットの極意」

情報とは DIFFERENCE である

 

 金融機関やファンド業界では昨年からリストラが行われている。どこの金融機関もこの先はもっと大規模 なリストラに動くと見られている。 筆者の友人や知り合いも何人かクビになっている。金融機関がリストラをしているということは、業績が 悪いか、先行きの相場に弱気だということだ。 

 

これから壮大なリストラをやろうとしている金融機関のレポートを読むと、「買いだ、ここは辛抱だ、経済は 悪くないから強気だ、押し目買いだ・・」というものだらけである。 業界全体が万年強気競争の世界で、そうでなければ会社にいられないのだから、否定はしないが、こ の世界はニュートラルな立場で相場を見ている人が極めて少ないのが実情である。極めてマイオピック (近視眼的)な見方ばかりで、歴史大局観など持ち合わせていない。 

 

強気な意見を言い続けることは、損を抱えている多くの投資家の耳触りがいいから、この世界はみんな 強気を言っているのである。相場が下がったら、しょんぼりした顔をするか、「いつかは上がる、なんとかなる、 がんばろう!」と慰めていればいいということらしい。

 

 金融界にいると、それが平均的な世界であり、無意識にそれを強制されるバイアスが強い。そして、情 報など、新聞の大見出し程度のものでいいのだと言われる。難しいことを言っても誰も理解しないと・・。

 

 だが、それを聞いていると、投資家は早晩、壊滅的損失か長期塩漬けといった事態に追い込まれるだろ う。 そういうことは、もういいかげんやめようと思って筆者はメルマガを始めた。 “差異”こそが情報であって、新聞の大見出しのような話など新聞を読めばいいだろう。

 

 

 さて、メルマガは前号から“第二期”に入った。筆者が一番懇意にしているリスボンのファンドにも協力し てもらって、“差異”の商品化を進めていく予定である。 情報とは difference である。 

 

 

 

 

 

 

*当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

 

 

筆者のオリジナル取引手法である「標準偏差ボラティリティトレードモデル」と「ATRチャネルトレードモデル」については、取引手法について岩井コスモ証券の動画コンテンツがあります。

 

岩井コスモ証券の動画コンテンツを見れば各チャートのパラメータ設定がわかります。

 

岩井コスモでは、「標準偏差ボラティリティトレードモデル」と「ATRチャネルトレードモデル」が個別株でも利用できます。



6月29(土)東京 北浜投資塾 特別対面イベント



10:00 - 11:00 石原順「相場展望」

で、岩井コスモ証券のブースに行けば、通常は会員(口座保有者)しか見れない上記の動画コンテンツについて 、動画を見ることができる「QRコード」をポスターに張り出しています。

 

私も講演後は、「岩井コスモ証券のブース」にいますので、ぜひ、お立ち寄りください。

 

(石原順)

 

 

岩井コスモ証券のHPで石原順の取引手法を学べる動画コンテンツ(全5回)を公開中!

 

●ドル/円(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル 
上段:21日ボリンジャーバンド±1シグマ
中段:標準偏差(26)
下段:DMI(ADX14)

出所:岩井コスモ証券FLASHチャート

 

 

 

●日経平均(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル 
上段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ
中段:標準偏差(26)
下段:DMI(ADX14)

出所:岩井コスモ証券FLASHチャート

 

 

 

●野村證券(日足) 標準偏差ボラティリティトレードモデル 
上段:21日ボリンジャーバンド±0.6シグマ
中段:標準偏差(26)
下段:DMI(ADX14)

出所:岩井コスモ証券FLASHチャート

 

 

 

第1回のコンテンツは、岩井コスモ証券に口座が無くてもご視聴できます。

第1回は「なぜ儲からないのか?」です。

下記バナーにリンクされている岩井コスモ証券のHPよりご視聴ください。


 

 

 

 

第2回~第5回は岩井コスモ証券の会員向けのコンテンツなので、岩井コスモ証券に口座が無い方は、下記バナーより口座開設いただけます。

 

業界屈指の格安株式手数料!選ぶなら岩井コスモ証券・ネット取引

 

 

 

レポートを書きました。

 

 

 

ポール・チューダー・ジョーンズの相場観とラリー・ウィリアムズの日経平均予測

 

 

をご覧ください。

 

 

 

ラリー・ウィリアムズの週刊マーケット分析(日本語版・動画・テキスト)

【ラリーTV会員特典】

 

石原順の順張り・逆張り売買シグナル搭載スマホアプリ

「カスタムチャート」

 

 

 

 

 

岩井コスモ証券ではキャッシュバックキャンペーン実施中!

 

業界屈指の格安株式手数料!選ぶなら岩井コスモ証券・ネット取引

 

 

 

 

 

 

※当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

 

 

石原順メルマガ 「フォローアップセミナー」にご参加の皆さま、ありがとうございました。

 

札幌のKさん、観ていただきましたか?私も多忙で至らないところがありますが、メルマガという見えない繋がりのなかで、あなたのような良質の読者が沢山おられるのだと思います。それを肝に銘じて、メルマガを発信していきたいと思っています。

 

パンローリングの仕事も楽天のラジオも暇だからやっているのではありません。「仁義を尽して仲間を助けろ」の精神です。

 

(石原順)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トレンドサイクルの売買手法の活用

カスタムチャートを利用してトレンドサイクルである「Ishira Cycle」をご利用できます。
相場エントリーの手順方法は、会員サイトにある動画をご確認ください。 


※売買エントリーを事前に知らせるセットアップアラートを予定中です。
※カスタムチャートは無保証・無サポートです。


●ご感想

  • いつもお世話になります。
    今回のセミナーは、いわゆる総論的な話ではなく
    実戦的なセミナーでしたので、大変参考になりました。
    繰り返し、動画を見て十分に理解したいと思っています。
    ありがとうございました。
 
  • 石原先生 パンローリング様
    動画配信ありがとうございました。 昨日、ライブで受信しました。
    有償のプログラムならではのイベントをこれからも続けてくださいますようおねがいいたします。
 
  • 石原先生
    昨日のセミナーを楽しみに待っていました。
    チャートの活用の仕方が、よくわかりました。
    更に自分なりに訓練して、チャンスの波に乗ろうと思います。
    石原先生は、とてもお忙しいと思われるのですが、元気の秘訣は何ですか? 
    夜中パタパタやってて、あまり寝てない時もある様ですが、いつも元気そうです!
    いつまでも元気な先生でいて下さいね。
    いつもありがとうございます!
 
  • とても素晴らしいお話 本当にありがとうございました 
    「カスタムチャート」凄く関心があります
    PC版は まだできていないのでしょうか?
    ボラティリティトレードシグナルはMT4で使っていますが
    これでどうやって「カスタムチャート」を使うのか
    やり方がわかりません ぜひ詳しく教えてください
    よろしくお願いいたします。
 
石原順の順張り・逆張り売買シグナル搭載スマホアプリ
 
 
  • 石原 様
    いつも大変ためになるセミナーありがとうございます。
    先生をリスペクトしてからというもの、相場の難しさや向き合い方など、実に様々なヒントをいただきました。
    これからもご教示よろしくお願い致します。
    何はともあれ健康が一番ですので、お体ご自愛いただき、ますますのご活躍を願っております。
 
  • 昨日の「オンデマンドセミナー」ありがとうございました。
    スタート時間も丁度よく拝見することが出来、とてもためになる内容であり 動画配信はとても理解しやすかったです。
    今まで、パンローリングのチャートをダウンロードをしてはおりましたが 使い方が全く分からなかったのですが、セミナー終わってから早速 使用させていただき、利益を上げさせて頂きました。そして、愛着のある声の石原順さん最高に大好きです。
    今後も動画配信、メルマガ配信宜しくお願い致します。
 
  • 今後も閲覧及びメルマガ期待しております。石原先生、パンローリングの方応援しております。頑張ってください。
 
  • こんちは!
    オンデマンドセミナーはたいへん良かったです。定期的に行って欲しいです。
    メルマガは情報量が多く少し難しい時もあるので、メルマガの読み解き方や利用についてのセミナーも行って欲しいです。質問も受け付けてもらえると助かります。
 
  • 石原先生の、配信大変参考になりました。
    ただ、このような素晴らしい手法を公開してしまうと皆さん使うので、結果、効力がなくなってしまうのではと危惧しています。
 
  • おはようございます。
    昨夜はリスペクトしている石原さんのフォローアップセミナーを拝聴させて頂 き、毎回のことですが興味深く大変参考になりました。
 
  • オンラインセミナーありがとうございました。
    実際のチャートを例に説明していただきよくわかりました。
    今回のシグナルと標準偏差ボラティリティトレードの使い分けをどこかで説明してもらえると嬉しいです。
 
  • 昨日は、動画セミナーお疲れ様でした。
    初めて動画セミナー拝見いたしましたがすごく参考になりました。そして、毎回メール、ブログは勉強になります。
 

※ご感想のみ抜粋しています。

 




タイトル 石原順のメルマガ マーケットの極意
配信方法 PDF(電子メールで配信します)

15時までのお申込みは、当日18時から会員サイトにログインいただけます。
顧客限定サイトでフォローアップ掲載(不定期)
現在、質問は受け付けていません。

配信頻度 月4回の配信予定(月曜日もしくは火曜日に更新)

※会員サイトにログインするためのID/PASSはトレーダーズショップに登録したものと同じです。

月額 1,500円+税
解約方法 本サービスは、お申込の翌月から毎月の会費が自動引き落としになります。お客様が利用停止の手続きをされない限り、自動継続されます。解約は月末までにご連絡をいただければ翌月からの配信を停止いたします。
解約の場合は電子メールまたはお電話でお申し出ください。解約確認のメールを受信して解約完了になります。
免責事項 本サービスに掲載された情報・ツール・資料は、あくまで情報提供を目的としたものです。証券など金融商品の売り買いを提案・勧誘するためのものとして、また証券など金融商品について助言・推奨するものとして、利用・解釈しないでください。 また、本サービスは一般向けに編集されています。特定の投資目的、特定の投資環境、特定の投資家を一切考慮していません。事前に専門家の適切な助言を受けるべきですし、最終的な投資判断は個々人が個々の状況を考慮して自らの責任で下すようにしてください。

 

ちょっと書けない・話せない・・本音炸裂!第Ⅱ期メールマガジン

石原順のメルマガ「マーケットの極意」

情報とは DIFFERENCE である

 

 金融機関やファンド業界では昨年からリストラが行われている。どこの金融機関もこの先はもっと大規模 なリストラに動くと見られている。 筆者の友人や知り合いも何人かクビになっている。金融機関がリストラをしているということは、業績が 悪いか、先行きの相場に弱気だということだ。 

 

これから壮大なリストラをやろうとしている金融機関のレポートを読むと、「買いだ、ここは辛抱だ、経済は 悪くないから強気だ、押し目買いだ・・」というものだらけである。 業界全体が万年強気競争の世界で、そうでなければ会社にいられないのだから、否定はしないが、こ の世界はニュートラルな立場で相場を見ている人が極めて少ないのが実情である。極めてマイオピック (近視眼的)な見方ばかりで、歴史大局観など持ち合わせていない。 

 

強気な意見を言い続けることは、損を抱えている多くの投資家の耳触りがいいから、この世界はみんな 強気を言っているのである。相場が下がったら、しょんぼりした顔をするか、「いつかは上がる、なんとかなる、 がんばろう!」と慰めていればいいということらしい。

 

 金融界にいると、それが平均的な世界であり、無意識にそれを強制されるバイアスが強い。そして、情 報など、新聞の大見出し程度のものでいいのだと言われる。難しいことを言っても誰も理解しないと・・。

 

 だが、それを聞いていると、投資家は早晩、壊滅的損失か長期塩漬けといった事態に追い込まれるだろ う。 そういうことは、もういいかげんやめようと思って筆者はメルマガを始めた。 “差異”こそが情報であって、新聞の大見出しのような話など新聞を読めばいいだろう。

 

 

 さて、メルマガは前号から“第二期”に入った。筆者が一番懇意にしているリスボンのファンドにも協力し てもらって、“差異”の商品化を進めていく予定である。 情報とは difference である。

 

 

 

 

 

 

*当ブログは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。