たかが100億、されど100億 | MVM 代表 石田希世士のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

MVM 代表 石田希世士のブログ

『農産物業界のEXCELLENT COMPANY』を目指す経営者のブログです。

先月(3月)が決算月でしたが、MVM単体で初めて売上100億円を越えました。

 

子会社を含めたMVMグル-プでは3年前に三桁を越えていましたが、単体では過去3年間90億円台でもたつき、ようやく大台に乗る事が出来ました。

 

今の心境を申し上げますと・・・『たかが100億、されど100億』でしょうか。

 

まず、青果物の流通業界では100億円プレイヤ-はゴロゴロいます。弊社が突出した存在では全くありません。

 

また、私自身が(売上より)利益重視の、”負けない経営”に舵取りしてきた経緯もあります。

 

以前にもお伝えしましたが、弊社は神戸の震災時(95年)前後が業績としては暗黒期で一時は倒産寸前の状態になりました。

 

恥ずかしながら不肖の私としては、『もう二度と味わいたくない』と思うぐらい人生で初めて辛酸を嘗めるような経験をしました。

 

ですので、代表になってから20年間連続で黒字経営を維持できた事の方が、売上100億達成より価値があるものだと考えています。 

 

”されど100億”の方は、IPOや100億円企業は多くの経営者が目標にしている事が一つ。

 

そして、これまでの長い道のりを振り返っての事でもあります。道中いろいろあったけどよくここまで来たなという想いです。

 

この20年の外部環境を考えても日本経済全体が停滞し、震災、リーマンショックそして今回のコロナパンデミックと実に様々な事がありました。

 

また、私が先代からバトンを受け取った時(2001年)は売上20億円で社員数は12~13名。子会社もありません。

 

当時は倒産の危機を何とか乗り越えたばかりで財務内容はとても厳しいものでした。

 

データを見ると就任から7年ほど売上20億円~30億円台を上下しています・・・30億円台がなかなか突破できなかった。

 

これは毎年残った利益をすべて借り入れ返済にあて常に資金がギリギリだった事が主因だったと思います。

 

やはり稼いだ利益を人・モノ(今ならM&Aも)へ再投資出来るサイクルが回るようになってから売上が右肩上がりになってきた気がします。

 

さて、これからのMVMですが勿論、更なる企業成長へ向け帆を進めて参ります。パンデミックで凍結した中期経営計画(以下中計)も立て直しました。

 

成長というものは出来るだけ高い目標値を設け、それを乗り越えていくところに生まれるのです。(日本電産 永守会長)

 

より高みを目指していると慢心しない。(ユニチャーム 高原社長)

 

尊敬する経営者達の言葉を受けて、中計は結構野心的ともいえる数値目標を抱げています。

 

たしか、これもユニチャームの高原会長の言葉だったと思いますが、”計画は1、実行は9である”

 

計画を立てるのはそう難しくない。しかし、計画を実行する事はハードルが高く大変なエネルギーが必要であるという事。

 

不肖の経営者も経年劣化を感じる年齢となってきましたが、まだまだ心身ともに健康でパッション(情熱)も衰えていません。

 

これからが経営者人生のクライマックス。10年後に”やはり、たかが100億だった”と振り返る事が出来るよう経営に取り組んで参ります。