平成最後の年の瀬を迎えて | MVM 代表 石田希世士のブログ

MVM 代表 石田希世士のブログ

『農産物業界のEXCELLENT COMPANY』を目指す経営者のブログです。


テーマ:

ここにきて厳しい寒さとなり年の瀬の雰囲気が出てきました。  ・・・と寒いのは天気だけにしてもらいたのですが、世界経済全体も急激な冷え込みに襲われた感があります。  

 

年初には『世界経済の同時拡大期』に入ったと報道され株式市場も賑わい視界良好と思ったのが・・・一年も経たず漂うどんよりした不透明感。 グロ-バル経済のボラタリティについていくのは本当に大変です。  

 

米中の貿易摩擦に端を発した世界経済の停滞ですが、日本経済も後半ぐらいから動きがおかしかった。 

 

地銀のエクセレントカンパニ-と呼ばれていたスルガ銀行のスキャンダルに始まり、新興勢力の象徴的な存在であったライザップ社がまさかの赤字転落で株価も暴落。 

 

とどめは日産のゴ-ンショック。 師走の日本列島に激震が走り最後まで負の連鎖が切れなかった。

 

出来れば悪い気は年内に出し切って、年始は明るい気分で迎えたいものですね。 日本は来年の5月から新しい年号になります・・・ですので早い段階で上げ潮ム-ドに持っていきたいところでもあります。 

 

さて、いつものごとく年の瀬の振り返りです。 平成最後になる2018年のMVMはどうであったか?  

 

おかげさまで何とか予算はクリアでき台風21号による災害も乗り越える事ができました・・・・全体としては及第点でしょう。 このまま最終の四半期も予算必達といきたい。 

 

勿論、課題は山積みです。 一つは”ブランディング”ですね。  ロングセラ-の商品を育てるに重要な仕事だとわかっているのですが、我々はまだまだ力不足です。 

 

この件については、今月中旬に食の都イタリアへの研修ツア-に参加し貴重なヒントや知見を得る事が出来ました・・・食に限らずブランディングはイタリアが参考になりますね。 

 

内部の管理体制の構築も急がなければなりません。 ”働き改革”など時代が必要とする組織作りも求められます。 

 

社員教育の充実も図らなければなりません。  ・・・と課題を挙げるときりがありませんが、いずれも競争力ある組織を作るために必要な事です。

 

まだまだお伝えしたい事はたくさんありますが、気忙しい時期ゆえここで筆を置きます。

 

来年は新しい年号を迎えますが、弊社は変わらず”農産物業界のエクセレントカンパニ-”を目指して更なる企業努力を続けて参ります。 

 

来る年も変わらぬご支援・ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

 

P.S 下記はイタリア研修時の写真です。 イタリアの伝統食品でありブランド商品であるバルミジャ-ノチ-ズ生産工房を見学できました。

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K Ishidaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス