ピ-タ-テイ-ル 世界を手にした『反逆の起業家』の野望 | MVM 代表 石田希世士のブログ

MVM 代表 石田希世士のブログ

『農産物業界のEXCELLENT COMPANY』を目指す経営者のブログです。


テーマ:

”ピ-タ-テイ-ル 世界を手にした『反逆の起業家』の野望”を読了。  

 

シリコンバレ-最強のビジネスマンと称されるテイ-ル氏はオンライン決済サービスの先駆けであるペイパル社の創業者であり、SNSの巨人、FACEBOOK社の初の外部投資家でもあります。  

 

ペイパル社は時価総額1兆円を超す大企業に育ち、(巨大ネット企業)FAANGの一角を占めるFACEBOOKの規模については言及するまでもないでしょう。 

 

もう少し紹介しますと、日本では無名ですがパランティ-アテクノロジ-という巨大ユニコ-ン(非上場の)企業も創業メンバ-であり株主の一人です。  

 

同社はデータの解析やセキュリティ-対策を専門としている企業。 テイ-ル氏の投資先ではFACEBOOKに次いで大きな利益を上げていると言われています。

 

現在の時価総額は2兆円を越えていると言われ、CIAや大手金融機関をクライアントとして1億ドル以下の案件は引き受けない企業だそうです。 

 

また、テイ-ル氏の率いるファンダ-ズファンド社はイーロンマスク氏率いるスペ-スXや民泊サイト最大手であるエアビ-アンドビ-などにも投資をしており大きなリタ-ンや含み益を抱えています。  

 

・・・・つまりテ-ル氏は起業家と投資家の両面で大きな成功を収めています。 同氏のビジネスセンスは神がかっていると言ってもいい。 

 

テイ-ル氏のビジネス哲学は『独占せよ』という事。 競争は負け犬のすることだとまで言い切っています。 

 

独占企業の特徴は利益が半端じゃない事・・・・同氏はよくグ-ルグル(親会社アルファベット社)の例えを使いますが、同社は検索エンジンの市場シェアの約70%を握っている独占企業。 

 

先日の報道によると欧州で独禁法に違反したとして5600億円相当に及ぶ巨額制裁金が科せられました。

 

しかし、グーグルの直近の決算内容はすさまじいの一言。 特別損失として計上された 制裁金を引いた後でも約3600億円の純利益を叩き出しており株価は大きく上昇しています。 

 

テイ-ル氏はビジネスでも人生でも”逆張り”で真価を発揮してきました。

 

FACEBOOKやスペ-スXなど他の投資家が関心を抱かない段階で大胆な出資を決めた事が事例として語られるようですが、最大の逆張りはシリコンバレ-の名だたる人物として唯一2016年の大統領選でトランプ陣営についたこと。 

 

この”逆張り”もあたりテイ-ル氏は大きな政治力、影響力を持つ人物となりました。 

  

独占・異端・逆張り・・・テイ-ル氏を形容する言葉ですが優秀な経営者が持ち合わせるべきセンスあるいは思考法とも言えますね。  

 

最後に不肖の私が同書で最も気に入っているテイ-ル氏の言葉を紹介します。

 

『人は完全に模倣から逃れることはできません。 でも細やかな神経さえあれば、それだけでその他の大勢の人間を大きくリ-ドできます』

 

 

 

 

K Ishidaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス