介護民俗学

テーマ:
最近、六車由美『驚きの介護民俗学』(医学書院、2012)を読みました。
ずいぶん前に買っておきながら、ほったらかしにしていたのを、
思うところがあって、読み始めました。

私が課題にしている「人の想い」を
六車さんはていねいに聞き取り、
しかもその「想い」を、
その人の生きてきた時代や社会と重ね合わせながら、
六車さんなりに解釈し、
「想い」を膨らませることに成功している、
そう感じました。

こういう仕事ができたら……

社会学の限界や自分の力量のなさも
同時に反省させられた一冊でした。

本書を読むと、
「認知症」などと簡単に片付け、
決めつけてしまう、
我々の怠慢にも気づかされます。