伊勢シーパラダイスのペンギン達は土の上で暮らしていますペンギンクローバー

野生下でも土に穴を掘り巣を作るフンボルトペンギン達はお陰様でここで暮らし始めてぐっと繁殖率が上がりましたニコニコ

なので、巣もたくさんあります照れ

そんなヒナの将来を大きく左右する巣ですが、ペアによってその形はそれぞれキョロキョロ

土に穴を掘るタイプや、葉っぱや小石を集めるタイプ、特に何もしないが隅になんとなくオープンに作るタイプ、と様々ニヤリこの巣の形状は親達の性格の表れだったりもします目

 

例えばこちらの巣は、いつでも腹ペコもぐもぐハムちゃん・ベーコン君夫婦ですペンギンペンギン

彼らは他のペンギンが通過しようのないウッドデッキの下に穴を掘り巣を作ってしまいまして、ヒナにとっては安全なのですが、必要以上に逃げ込める事もあり、余計にビビりな性格になりつつありますあせる

写真も翼がちらり(^^;)

 

反対から見るとよくわかります目

卵を温めている時期はそこまで深くなかった巣なのですが、ひなの成長と共にどんどん深くなってきましたはてなマーク汗

 

穴の深さに比例して、ヒナの警戒心もどんどん深く・強めになってきましたしょんぼり

野生だと100点満点の巣ですが、特に敵のいないジーパラだとここまでしなくてもいいのですが・・・まぁ成長と共におとぼけになるのが伊勢パラのフンボルト達なので特に心配はしていませんがウシシ

 

一方、こちらはペアになって20年目に突入する、熟年夫婦の準君&マルちゃんペンギンペンギン

彼らは一応端っこよりですが特にこだわりのないオープンハウスてへぺろ

あまりにオープンなので、ヒナがウロウロしないよう。スタッフがブロックで囲い、ご近所トラブルにならないように、お隣りの巣との間に柵を置き、まるっと人任せなのんびり夫婦ですぼけー

 

特にお父さんの準君は、年齢もありだいたい寝ている事が多いです(^^;)いったん眠りにつくとカメラを向けても気がつきませんzzzヒナも最初は寝ていましたが、カメラの気配に気がつき目を開けて、少し焦り気味びっくりあせる

 

その上この時は、いつもはカメラを睨みつけるお母さんのマルちゃんも全く起きませんウシシ

 

穴を掘り進めていたのはヒナだったようですねあせる

巣によってペンギンの性格が見えてくるので、ぜひ森をのぞく時は巣をじっくり目見て見て下さいショボーン

PS.m(__)m

そして、動画の両親の名前が間違っております。申し訳ございませんm(__)m。正確には、ハムちゃんとベーコン君ですあせる