非常識

テーマ:

こんにちは。

筋膜∞温熱療法院スタッフの貞苅ですニコニコ


先日、結婚が決まった友人のお祝いをしようと、

近くにあるケーキ屋さんに行きました。


今の家に引越してから、

今までお気に入りだったケーキ屋さんが遠くなったので、

近くのケーキ屋さんを探していました。


去年の年末に、味・雰囲気ともに気に入るケーキ屋を見つけ、

昨日もホールケーキを買いに行ったんです。


すると、先に、ある母子が店内にいたのですが、

子ども(女の子)の位置がなにやらおかしい。。


よく見ると、ケーキが入っているショーケースの縁に

乗っている状態だったんです。


わかりますか?

(この画像は参考までに使用。実際のお店とは関係ありません)



わが目を疑いました。



母親は、子供のその行動を注意もせず、

店員さんとケーキの打ち合わせ中・・・。


子どもが乗っていた・・・というか、

平均台のように渡っていたその縁は、

まだ身長の小さいうちの娘が手を置いたり、

肘をついて、ケーキを眺める場所なんです。



お店の人も嫌だっただろうなぁ・・・。



その子供の行動を見て、

高いところが好きなうちの娘も真似しようとしましたが、


「そこは乗るところじゃないから、やめようね」


と注意。



それを聞いた母親が、仕方なさそうに


(というか、面倒くさそうに)


「だめよ~」と軽く注意していましたが、

まったく聞く様子もなく、子どもはそのまま渡り放題。



うーん。。



非常識といえば、

先日、上の娘を連れて図書館へ行ったときのこと。


複合施設にある図書館の駐車場は、

何かイベントがあるようで、いつもより車が多かったんです。


少し遠い場所なら空いていたので、

そこに駐車していると、

後ろからきたワンボックスが、

なんの躊躇もなく、身障者用駐車場に駐車。


降りてきた親子(母親&子ども2人)は、

子どもは走り回っていましたし、見る限り元気そう。



うちも暴れん坊の2歳児がいますが、

空いてる駐車場がそこしかなくても、

本当にそのスペースを必要とする人が来たときに

迷惑になると思うので、一度も停めたことはありません。


図書館に限らず、

別の施設やショッピングモールでも同じことが言えます。



この親子といい、昨日の親子といい、

マナー違反というか、非常識というか・・・。



たまたま続いただけなんでしょうが、

なんだか、悲しい世の中ですねしょぼん