自然の野菜は腐らない (カルチャー・スタディーズ)/河名秀郎
¥1,260
Amazon.co.jp

とてもわかりやすく説明されている本。

自然農とは何か。無肥料の野菜とは何か。

有機農法と一般の農法では何が違うのか。


自然農の野菜は腐らずに醗酵する。

一般農法の野菜はドロドロに腐敗する。


この違いは、野菜の中に残された肥料。

肥毒というのだそうだ。


野菜が体にいい?

ホント?

どんな野菜でも体にいいの?


その野菜の育てられた環境は?

肥料は?農薬は?種は遺伝子組み換えじゃない?


日本が世界で最も農薬を使う国。

「奇跡のリンゴ」の木村秋則さんの講演会で

初めて知った事実。

てっきり、アメリカや中国の方が多いと思っていたのに。

意外や意外、農薬大国は日本だったんだなー。


このままでは、食べる私たちも、

育てている農家の方も、危ないのでは?


自然の植物には虫がつきにくい。

病気も発生しない。

何かのバランスが崩れたり、弱ったり、寿命が

近づいたものには、虫がたかって攻撃したり、

病気になって枯れたりする。

そういうものだ。


野菜だって同じ。

この本を読んで、まさにそうだなって思った。