□13階段/高野和明

テーマ:

会社の人に借りて、一晩かけて読み続けた。

おもしろい。

展開がどうなるかなかなか読めなくて

最後の最後まで楽しめた。


死刑囚の死刑執行まであまり猶予がない。

その冤罪を晴らすべく弁護士に依頼されて

調査する元 首席矯正処遇官と殺人罪で

収監されていた若者コンビ。

事件は10年前の殺人事件。

バイク事故でその時間帯の記憶がなくなって

しまった一人の男が身に覚えのない殺人罪での

死刑に怯えながら一日一日を生き延びている。


なぜ10年前の殺人事件の冤罪の可能性を

今になって調べるのか?

高額な報酬を出すという依頼人は誰なのか?

そして、真犯人は見つかるのか?


最後まで目を離せない展開だった。

あ、ちなみに、この作品は平成13年の江戸川乱歩賞を

受賞しているよ。


13階段 (講談社文庫)/高野 和明
¥680
Amazon.co.jp