授業

 
神奈川県の高校さんで講義を受け持ちさせて頂きました。
230名という大人数(しかも男子校!)。
ボランティアに興味がある子もない子もいる中で
海外の話となるとどれくらいの子が寝ずに聞いてくれるかなという
心配もありましたが
現地の様子に深く興味を持ってくれました。
 
前半は「支援」のお話。
支援がなくては、回っていかない分野は必ずあります。
寄付金や助成金での活動に批判的な意見を受けることもありますが
実際に現場に通えば、「今」を打開するために必要な支援が山積みです。
 
後半は「自立」のお話。
支援を受ける時期を経て、自立を目指せる段階になったとき
私たちNGOだけではなく、様々な方たちにご協力いただくことで
人々の自立を促していきます。
 
貧困の問題は、なぜ起こるのか
そもそも社会問題はなくなるのか、なくならないのか
という問いに対して
進学校というのもあってかディスカッションでは
核心をついた意見が多くでました。
 
いつか皆さんが社会で働きルールを作る側に立った時
何が起こっているかを知らずにルールを作れば
それはニーズと乖離してしまうかもしれません。
学生時代に色々な場所に出向き、体験し、学んで
当事者から話を聞いてほしいという
メッセージで授業を締めさせて頂きました。
 
授業後には質問に来てくれる子も多数いて
ボランティアに参加したいと手を挙げる子たちも。
この一歩が生徒さんたちにとって学びの一歩となりますように!
 
 
 
{8F549516-9DFC-4986-8BF9-36E51E0A9E21}

 
AD