ネパール大地震 関西の有志メンバーの

ご支援で

HIVのホスピスに

豆30キロ

ラーメン900食

粉末ジュース5L用30パック

ブルーシート12枚を

届けました。








運搬、配布など

渋谷君、重田君が手伝ってくれました!





ここには、主に薬を取りに来たり

健康状態のチェックに通います。

遠くから来る人は、宿泊することもできます。

集まったみんなに、食料を配布しました。

特に食料が足りていないとの事です。





写真はラミタさん(掲載OK貰っています。)

HIVキャリアで、旦那さんからうつり

旦那さんが亡くなった時に病気に気づきました。

ラミタさんの病気がわかると、村人たちは

娘2人を抱えたラミタさんを追い出しました。

8年間メイドとして働き、

今はこの団体の職員として働いています。

娘さん2人はキャリアではありません。





大変な生活を送ってきたラミタさんですが

自分以外の人の為に働きたい。

と話してくれる素敵なお母さんです。


HIVキャリアの人達は仕事が見つかりにくかったり、

村人から差別されていて、地震が起きてもテントを

もらえなかったりと苦労が多いです。

長い支援が必要ですね。



AD