宝塚 おぎの鍼灸院院長のブログ

宝塚 おぎの鍼灸院院長のブログ

東洋医学で内臓美人を増やしたいおぎの鍼灸院院長の荻野誠司が東洋医学を勉強したことがない人に東洋医学の良さを少しでもお伝えしたいと四苦八苦するブログ


テーマ:

宝塚市逆瀬川のおぎの鍼灸院

院長の荻野 誠司です。

 

いつもご覧いただきありがとうございます★

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

東洋医学の脈診の中で【弦脈】と言うものがあります。

 

この【弦脈】がどんな時に出てくるかと言うと、

 

・肝や胆に病のがある時

・痛みがある時

 

などに主に診られる脈になります。

 

普段はこのように病の時に出てくる脈になるのですが、ある特殊な状態の時は【弦脈】が正常となります。

 

特殊な状態とはなにかと言うと・・

 

それは『妊娠している』時になります。

 

妊娠していると時は本当に身体の中が色々変化します。

 

体質も変わる・・なんて話も聞きますしね(*^。^*)

 

それと同じで脈の正常も変わります。

 

【弦脈】と言われてもどんな脈かわかないと思いますが・・

 

割と力強い脈になります。

 

現在妊娠している人・これから妊娠予定の人はぜひ自分の脈を診てみてください★

 

そして力強い脈が打ってい事を確認してみてください(>_<)

 

力強い脈が打っていることで、お腹の赤ちゃんが元気に育っている!!

とひとつの目安にしていただければいいかな☆と思います。

 

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

おぎの鍼灸院

宝塚市伊孑志3-6-25ラッグズ・シェッド201

0797-78-882

お問い合わせE-mail 

info@ogino-sinkyuin.com

 

おぎの鍼灸院ホームページ

 

友だち追加

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス