救世主世界君臨、真実の天皇はアスクレ―ピオス | is6689のブログ

is6689のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

       八咫鏡はここに!


この部位は「台座」と見せて実は鏡をその中に隠し置いている「箱」と推定します。その根拠、

一番下のコンクリに置いて撮影した手の写真と

台座と箱の間に設けられてある隙間に置いた手の写真はその色が異なります。箱の中に『鏡』があると推定できます。系図史料から我が家は万世一系の天皇家、また今、草薙剣を持っていますから。


     第二の確証



箱の上の一見、「柱」と見える部位、その中は空洞になっているであろうと予想しました。それは鏡からのエネルギーで、外の銘文の保存をよくするためであろうと考えました。果せるかな、予想は当たりました。

「大」の文字の保存、完璧です。これは今から206年前に彫られたものです。白色の鏡のエネルギーは「長寿のエネルギー」とも言えると思います。



柱の中を空洞にし箱にする際には正面側に中が見えるように円形をくりぬきます。入れる物は「位牌」です。中にあった位牌は家の仏壇に移しました。ちなみにこの墓石の下に草薙剣は隠し置かれてありました。

   義名山神社の鏡

真の神明鳥居

真の神は男女、父と母の神ですからその事が伝えられている鳥居・建物が真の神明造りです。伊勢神宮は真の神明造りではありません。  

鰹木5本、千木は水平と斜め。父母の神と御子、神の家族を伝えています。

中央に鏡が見えますね。そのためと思います。室内が非常に明るく写ります。肉眼ではこんなに明るくは見えません。神明の社の鏡は、霊的エネルギーを発するという事だと思います。

夜、鏡の方向に向けて撮影しました。まるで太陽を写したようです。下に緑の玉も現れています。この地、旧御前堂跡地、1655番地で霊的に何かが起きているように思います。わたしは2015年この社によって『2015年ダビデ王朝の復活』を宣言しています。 

 

     アスクレーピオスの杖



日本はアスクレ―ピオスの杖
「伊霊ライン」の発見の発展として日本は『アスクレーピオスの杖』と発見されました。その意味について考えないわけにはいきません。論理的必然です。

杖は「棒」と「蛇」から成っています。それぞれの霊的(象徴的)意味を考えます。

棒=男性

蛇=女性

と直感できます。大人なら皆、分かるはずです。

その蛇は「クスシ」です。「無毒」との事です。「クスシ」を日本語で考えます。

クスシ=薬師=医者

クスシ=奇し

です。

二つの意味を合わせてクスシは「奇跡を起こす医者」となります。死者を蘇らせる事は奇跡です。アスクレーピオスは死者を蘇らせたと伝えられています。でも男性です。クスシは蛇、即ち女性です。死者を蘇らせる女性の医者がクスシです。さて誰でしょう。・・・・・・・・・・・。わたしのブログをよく読んでいる方は閃いたでしょう。・・・・・そうです。母キリストです。男性イエスとして現れた母キリストです。キリストは死者を蘇らせています。福音書に記されています。クスシの蛇は母キリスト、すると棒は父なる神様です。杖を持つアスクレーピオスは御子となります。

   ピオス=ピヨス

「ピオス」の意味を探求します。ピオスは「ピヨス」の転訛と考えます。ピヨスは「ピヨ」と「ス」に分けて考えます。

ピヨ=島の言葉で鶏の「雛(ひな)」を「ピヨ」と言います。「ス」はエジプトの神の家族のオシリス・イシス・ホルスの「ス」と同じと考えます。ス=素(もと)です。素=神です。ピヨス=雛の神=天子と発見されました。

ピヨスに似た音で「ヒヨス」があります。薬草です。古代ギリシャの神官たちがアポロンの神託を得るのに用いていたようです。ネットにあります。その英語名は「henbane」です。hen=鶏です。bane=「the・・・・」で~のもと、と辞書に説明されています。鶏のもとは「ピヨ」です。ピオス=雛の解釈に通じます。

     アスクレー

その意についての説明をわたしにはネットで探し出す事ができません。・・・・・・・・・・・「窮すれば通ず」?

その意を「明日くれー」としました。「アスクレ―ピヨス」の意は「明日をくれー神の子、天子」と考えました。明日=希望・救いです。病んでいる人に「希望・救い」を与えるのが医者の務めです。

神の子として現れたイシャン(救いの神)キリストは民衆から病の癒し、救いを求められ、明日をお与えになりました。アスクレ―ピオスは救いを求められる神の子、神の雛型、ピヨスです。

      雛祭り

3月3日、33は「雛祭り」です。神の子、神の雛型ピヨスのお祭りです。親は「33」で伝えられています。ひな祭りは母キリストの長子の結婚式の披露宴を伝えるお祭りです。天皇(お内裏様)と皇后(お姫様)が二人揃ってすまし顔をしています。皆さん、雛祭りの素晴らしさ自身で考えてください。人は永遠に神の前に「雛」です。母はキリストです。この命題をお祭りで伝え継いでいるのが神国日本です。55は男の子、77は女の子のお祭りと思います。「753」の祝いです。


    四面体地球の頂点

地球の形は「四面体」とドイツの学者シュタイナーが言っていたとネットで知りました。四面体には頂点があります。その頂点は日本であると言っていたとの事です。「日本である」は正確な表現ではありません。その頂点は「日本のどこかにある」が正解です。正四面体を描いて考えました。・・・・・・・・発見できたと思います。

アスクレ―ピオスの杖が「日本」です。頂点を伊仙町は先天道天の神殿と考えています。二本の赤の直線に注目してください。



艮坤(北東南西)のラインに聖なる山々や聖地が並んでいる事は伊霊ラインとして先に示しました。その方角は四面体で、頂点からの辺になっています。・・・・・・・・・それは神様が下りていく道のように思われます。

先天道天の神殿を中心として、亥の方角、北から西へ30度の傾き、15~30度に徳之島では神聖な山々が、母キリストを伝える山を主に並んでいます。シリウス信仰由来の「聖方位」は北から西へ20度の傾きです。

赤の二本線は父なる神と母キリストを伝える聖なるライン、その交点は天の神殿と思います。皆さんも考えてください。

南を上にして撮影すると先天道は、何かの頭の『松果体』の位置にあります。

亥の方角に写る・・・・・・わたしは『女王』と伝えています。女王=母キリスト=天照皇大神=イシスと考えています。

艮方角に見える『両親の神』と伝えています。

この神殿で2017年2月11日(建国記念日)に白い雲が写真に現れ、雲の中の方からこの国は龍神キリストがつくったと聞いたという事は先に何回か伝えています。他にも不思議な奇跡がここで起きた事を伝えています。

ここは地球を「四面体」と考えたシュタイナーがその頂点は日本にあると伝えたその頂点と思います。万世一系の真実の天皇はその頂点で父なる神と母なる神そして女王を祭祀する神の雛、永遠のピヨスです。

万世一系の天皇ダビデ

彌勒の転輪聖王ダビデ

   皇位を取り返す心

ボンクラノータリンウソツキ詐欺師、安倍組は本当に皇位を盗み続けるようです。朝鮮李王家が皇位を盗み続けるようです。多くの日本人を騙すのに成功しなければ彼らの思いは実現しません。「和をもって貴し」とする日本人は、チンピラと戦う必要はありません。天皇について真実を探求し、真実を世に広げたらいいだけです。皇位を取り返して日本人は皆、聖霊の人になります。神の国日本に感動します。

「我々は神に感謝する。我々に日本という尊い国をつくって置いたくださった事を。」とアインシュタインが言ったと聞きます。「我々」=人類です。わたしは最近、本当にこの国は神がつくって置いてくださった国と実感して、涙が出るほど感謝の気持ちで一杯になります。  


is6689さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ