応神天皇家は日本とエジプトの本家です | is6689のブログ

is6689のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

応神天皇の「応神」の意味



 今朝、初代天皇「応神」の意味が分かりました。「応神」を『縦書き』で考えて発見しました。上の画像の説明で分かると思います。

 応=應です。応=鷹+心です。これを縦書きで記すと、心=胸部の上に鷹がいます。胸部の上は頭部です。応神=「頭部が鷹」の神となります。頭部が鷹の形をした神は、

エジプトの太陽神ラーです。

 応神天皇は太陽神ラーの子孫となります。応神天皇は日の神天照皇大御神様の子孫です。よって、太陽神ラー=天照皇大御神と発見されました。

 「日本の日の神=エジプトの太陽神」の子孫である応神天皇の嫡流の子孫は、応神天皇を氏神とする清和源氏の嫡流です。清和源氏は仮装の源氏で、真実は万世一系の皇統です。仮装源氏清和源氏の嫡流は、鎌倉幕府を開いた源頼朝の系譜ではなく、父為義とともに保元の乱を戦い敗れた源為朝です。

 源為朝の嫡流は琉球舜天王ー・・-徳之島島主=譜代高家子孫之者=伊仙町対い鶴一族勝家です。そこに儀仗の鉄剣=杖、日輪紋、蛇形徽章があります。エジプトの太陽神ラーは手に杖を持ち、頭上には日輪と蛇形徽章があります。勝家は太陽神ラーのしるしをすべて持っています。ということは、勝家は太陽神ラーの本家=日の神天照皇大御神の本家となります。儀仗草薙剣は大御神様の御物です。日輪は太陽または八咫鏡の象徴でしょう。

 神聖なしるしから、真実の天皇家は日本とエジプトの本家となります。

 この事を『聖書』から説きます。真正日本人はアブラハムの跡継ぎの御子、イサクの子孫です。エジプト人はアラブ人です。アラブ人の始祖は、アブラハムと「ハガル」というエジプト女性との間に生まれた「イシュマエル」です。イサクとイシュマエルは共にアブラハムを父とする異母兄弟です。イシュマエルの妻はエジプト人です。イシュマエルの母も妻もともにエジプト人です。始祖のこのような事情から考えて、エジプトはアラブ人の本家の国、エジプトはイスラエル=日本の傍流の国、日本はエジプトの本家の国となります。日本の本家は真実の天皇家です。天皇家は日本とエジプトの本家です。

 ノアの600年に起きたとされている大洪水以前=超古代文明期、日本の天皇家は世界文明の中心の家であったとの伝説があります。この伝説は「天皇家は日本とエジプトの本家」からも窺うことができます。エジプトは古代文明発祥の国とされています。


  安倍氏の根本的間違い

 安倍氏が、白人ユダヤ人=偽ユダヤ人=偽イスラエル国と手を握って、日本人を護るという名目でアラブ人を敵に回している政策は、矛盾であり、根本的に間違いです。偽イスラエルを支援するという事はアラブ人を敵にするという事です。アラブ人は真正イスラエル=真正日本人の兄弟です。兄弟を敵対させるのは矛盾であり、その政策は根本的に間違いです。

 安倍氏の政策は、神の言葉「祝福されよ、わが民エジプト、わが手の業なるアッシリヤ、わが嗣業なるイスラエル(新共同訳聖書イザヤ書19章24節)」に逆らっています。神の預言に逆らった政策は必ず敗れます。またその政策の支持者たちは必ず神に罰せられます。近々選挙がありますが、安倍氏は神に逆らっているという事を知って、決断してください。


万世一系の天皇

イスラエルダビデの子孫

平安天皇ヨシュア

  勝信貴


is6689さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ