熊本地震の次に来る大異変2 | is6689のブログ

is6689のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

   極移動の資料





ドライバーの取っ手はN極、先はS極になっている。





小スプーンの掬う先はN極、取っ手はS極になっている。





大スプーンの掬う先はS極、取っ手はN極になっている。

つまり、スプーンの取っ手と掬う先はN極にもS極にもなるという事である。同様に地球の両端もN極にもS極にもなるという事である。地磁気変動は起こりうるという事である。





スプーンの掬う先も取っ手もN極になっている。1ヶ月に購入して家に置いてあったスプーンである。先天道には持って行ってない。神器草薙剣がN極だけになっているからであろうと考えられれる。古くから家にある大小のスプーンとドライバーに両極があるのは、草薙剣にも両極があったと考えるのが自然な推理である。やはり先天道に封印されていた大きな力が開放され、それが神器草薙剣を変え、剣が新しいスプーンを普通にはあり得ないN極だけの磁石?にしたのであろう。これは地磁気変動の前兆ではないだろうか。

高天原先天道で解かれたパワーは、そこにシリウス信仰の祭祀跡が確認できることから、シリウスのエネルギーと考えるのが自然である。この推理が正しいとすると、熊本地震、エクアドルの地震もシリウスエネルギーがその原因との推理になる。

偉大なシリウスのエネルギーが6月14日から起こると予測されている地磁気変動を起こすのであろうか。・・・・・・・・・・・。6月21日は夏至である。シリウスが東の空に太陽を従えて上るときである。

万世一系の天皇は聖書に預言されている救う者である。詳細は先述してある。決して救世主ではない。救世主は唯一、イエス・キリストである。神器草薙剣をもつわたしは人類のため大きな仕事をしなければならないとの予感がする。神器の鏡と剣と勾玉を持って。

万世一系の天皇

イスラエルのダビデ大王

救う者平安天皇勝信貴


is6689さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ