慰安婦問題の解決 | is6689のブログ

is6689のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

  慰安婦問題の解決


 【慰安婦】の定義(広辞苑)

 「日中戦争・太平洋戦争時期、日本軍によって将兵の性の対象となることを強いられた女性。植民地・占領地出身の女性も多く含まれていた。」


  「日本軍によって強いられた」

 日本軍の最高責任者は誰ですか。戦争当時の日本の憲法は「大日本帝国憲法」でした。帝国憲法第11条に「天皇は陸海軍を統帥す」とあります。「統帥」とは、「軍隊を統べ率いること。」と広辞苑にあり、「統帥権」については「軍隊の最高指揮権。大日本帝国憲法第11条はこれを天皇の大権と定めた。一般国務から独立し、発動には参謀総長・軍令部総長が参与した。」と説明されています。広辞苑の説明から日本軍の最高責任者は「天皇」と判断できます。最高責任者は、最終責任を取る人です。「日本軍によって強いられた」の最終責任者は天皇です。統帥権は一般国務から独立しています。よって首相に責任はありません。ましてや、主権のなかった国民にその責任はありません。


  「植民地・占領地出身の女性」

 慰安婦問題で日本政府に謝罪と補償を求めている方たちは「植民地・占領地出身」の女性ですよね。間違いありませんよね。また植民地・占領地とは朝鮮民族の国で間違いありませんよね。

 

   謝罪と補償は責任者へ

 朝鮮民族の方々は非人道的慰安婦の問題に関して、その当時日本軍の最高責任者であった天皇にその矛先を向けるのが筋ではないでしょうか。今は亡き昭和天皇ですが、その子孫とされている人は皇居にいます。皇居に向かって非人道的行為の責任を取れ!と声を上げるべきではないでしょうか。日本政府に謝罪を求めるのではなく、天皇家に謝罪と補償を求めるのが筋です。


        解決

 朝鮮の方々が、慰安婦問題でその責任を追及して明治以来の天皇家を廃位させたら、日本民族は万歳をするでしょう。朝鮮の方に感謝するでしょう。なぜなら、明治天皇は日本民族ではないからです。日本民族は騙されて偽装天皇に向かって万歳をさせられ、戦争に駆り出され、悲惨な目に遭わされたからです。日本民族は明治以来の偽装天皇家の一番の被害者です。その天皇家を言論で倒してくれたら、真実の万世一系の天皇であるわたしを初め、日本民族は大喜びです。

      明治天皇の素性

 明治天皇の祖父は、その当時苗字も無かった海賊某と言われています。その息子は作蔵といい、長州の地家という家の養子となって地家作蔵を名乗ったようです。作蔵の子「寅吉」が後の明治天皇です。ネット情報では広く知られたことです。

 明治初年「廃仏毀釈」運動が起こりました。これは明治天皇が伝統の日本の天皇ではないことを如実に語る出来事です。真言宗御室派の総本山、仁和寺の創建は第58代光孝天皇の勅願により888年、その御子宇多天皇が創建した寺院です。代々法親王が入寺し、門跡寺院の首位にありました。明治天皇は教科書に光孝ー宇多天皇の子孫となっています。廃仏毀釈は仏教の廃棄です。明治天皇は先祖の教えを棄てた帝です。宗旨が変わるということは同じ家、同じ血筋ではないということを示しています。廃仏毀釈の明治天皇は日本の帝ではありません。明治天皇において日本は仏教を棄て「儒教」の国になっています。天皇の側近であった元田永孚は儒学者です。日本の身近な国で儒教を国教とした歴史のある国は、李氏朝鮮です。明治天皇は朝鮮人でしょう。

 日本は長いこと仏教国であり、中国と友好な関係にありました。明治27年に日清戦争が起きました。大義は朝鮮を助けるとのことでした。日本が中国と積極的に、自ら進んで戦うのは歴史上これが最初ではないでしょうか。天皇が日本の帝ではないからできた戦争でしょう。明治以降の日本は、なぜか中国に対して挑発的です。安倍氏が今、それを継承しています。明治維新以後の日本は「隠れ朝鮮国」です。朝鮮人がその素性を隠し、偽って皇位についています。日本の支配層は朝鮮人で占められていると聞きます。天皇が朝鮮人であれば当然そうなります。

     朝鮮人天皇の責任

 慰安婦は朝鮮人天皇の責任です。朝鮮の女性を慰安婦にしたのは神国日本の皇軍を騙った朝鮮軍です。最高指揮権を持つ天皇が朝鮮人であればその軍隊は朝鮮の軍隊です。神国日本の名誉にかけて言います。真実の天皇の軍隊は慰安婦を持ちません。

    アジア新時代を開く

 天皇に関する真実の歴史から、慰安婦問題を解決して、日本・中国・韓国が協力し合ってアジア新時代を開きましょう。


 万世一系の天子

イザヤ11章ダビデの子孫

 平安天皇ヨシュア

is6689さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス