出口の預言か、イザヤの預言か | is6689のブログ

is6689のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

出口の預言か、イザヤの預言か


       出口の預言

 出口王仁三郎の預言によると、日本は北からの軍隊に占拠され、国家壊滅状態になる。北とは北朝鮮のようである。詳細は「出口の預言」で検索。

 安倍氏は朝鮮系である。彼の父親がそう言っていたと聞く。ネットで知った。彼は平気でウソつく。今現在ついているウソ、武力行使を永久に禁じた憲法を解釈して、武力を行使することは憲法違反ではない、またっくの憲法違反をそうでないというのは真っ赤なウソである。

 憲法解釈の正しさは憲法の中にしかその根拠を求めることは許されない。予備校の国語の講師に聞いたらいい。読解は問題文章の中にその根拠を探す、自分の勝手な想像から答えを導き出してはいけない、これは読解の鉄則である。安倍氏の解釈は彼の恣意的な想像を解釈の根拠にしている。ゆえに、読解力の点数をつけたら零点である。彼の読解力では大学進学は無理である。彼より間違いなく学力の高い大学の教授が武力行使は憲法違反と解釈している。国会でそのことを明らかにした。それでも安倍氏は武力行使を合憲という。安倍氏には何か陰謀があると思われる。

 彼は朝鮮系である。天皇も同じく朝鮮系である。多くの国民はここで思考を停止する。わたしは先に進む。朝鮮半島は北と南に分かれて国がある。安倍氏は南だろうか、北だろうか。北朝鮮の拉致問題はいつまでたっても解決しそうにない。そもそも北朝鮮はなぜ、日本人を拉致できたのであろうか、・・・・・。天皇を北朝鮮系と仮定したら、その取り巻きも北朝鮮系であるのは当然である。そこで在日北朝鮮系勢力が日本人の拉致に裏で協力していたと考えれば、拉致問題は納得できる。

 世界の闇の主とその手先となっている北朝鮮系安倍氏と北朝鮮政府が裏でつながっていると仮定すると、安倍氏のウソは出口の預言成就のためである。日本を壊滅状態にするためである。目的が意識されてなくても結果そうなる。北朝鮮といえども戦争放棄を国家の法としている国を攻めることは出来ない。聖なる存在は侵すことができないものである。万世一系の天皇は神聖にして侵すべからずと同じ道理である。日本を普通の国にしてしまえば侵すことができる。安倍氏が今やっていることは神国日本を普通の国に落す企てである。外国に侵略させるためである。日本が戦争放棄を守っている限り、日本は神聖な国である。どこの国も侵すことができない。維新の会にも日本を普通の国に貶めたがっている方がいる。朝鮮系在日の政治家であろう。

        神国日本

 日本は、大日本帝国憲法の第一条「大日本帝国は万世一系の天皇これを統治する」と三条「(万世一系の)天皇は神聖にして侵すべからず」からはっきり分かるように「神聖な国」である。万世一系の王が存在する国は世界に唯一日本だけである。日本国憲法においては憲法九条の「国際紛争を解決する手段としての武力の行使は、これを永久に放棄する」と九七条の「永久の権利として日本国民に与えられれている基本的人権」から日本国が神聖な国であることが分かる。永久に戦争を放棄し、永久に基本的人権が保障されている国は世界に唯一日本だけである。「永久」は神聖のしるしである。万世一系の神聖な王家、永久の戦争放棄、永久の基本的人権、この三つを以って日本人は堂々と我が国は神聖な国であると胸を張るがいい。朝鮮系の策略に乗って普通の国に堕したら、北から軍隊が攻めてくる。

    イザヤ書11章

 出口よりはるか以前、紀元前8世紀のユダヤの預言者イザヤが日の出る方から起きることを預言している。ダビデの子孫が復活して、国を撃ち悪を殺して平和に満ちた王国を築くと。すると諸々の国が自ずから服属すると。そして全イスラエルが回復されて神の栄光が現れると。わたしはイザヤ書に記されているダビデの子孫、平和の王である。神国日本を守ってイザヤの預言の成就につくか、在日のウソに騙されて普通の国に落ちて出口の預言の成就につくか、今、選択の時である。偽装の主権者安倍氏につくか、真実の日本の主権者、万世一系の天皇につくか、選択の時である。覚めた人は天皇につく。覚めよ、覚めよ、神国日本国民。


 万世一系の天皇

 復活したダビデの子孫

 平安天皇ヨシュア

 

is6689さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス