2015 ダビデ王朝の復活in聖地徳之島伊仙町 | is6689のブログ

is6689のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:



   イスラエル12部族のユダ族


              神の御名

 諸々の天は主の御言葉によってつくられ、天の万軍は主の口の息によってつくられた。-詩篇33の6- 

 その名を万軍の主という。-イザヤ書51の15-あなたを造られた者はあなたの夫であって、その名は万軍の主。-イザヤ書54の5- ケルビムに座いておられる万軍の主の契約の箱を、・・・・ーサムエル記(上)4の4ー 神の箱は、ケルビムの上に座しておられる万軍の主の名で呼ばれている。ーサムエル記(下)6の2- ダビデは、・・・・・・万軍の主の名によって民を祝福した。ーサムエル記(下)6の18-

 

             日本建国の真実

 日本民族は聖書の神の民、イスラエルの12部族です。これからそのことを明らかにしていきますが、イスラエル民族が、まず知るべきは神の御名です。イスラエルの神の名は「万軍の主」です。この御方は「八幡神」として日本民族に崇敬されています。詳細は別途にします。それから、聖書に記されている「シオン」とは「日本」のことです。詩篇2の6の「聖なる山シオンにわが王を立てた。」の一句を正しく理解すること、このことに日本民族の救済、世界の平和がかかっています。

 「わが王」=「ダビデの子孫」です。ダビデ王の即位は紀元前の1010年頃とされています。即位済みの王家に対して、改めて「シオンに立てる」とはどういうことでしょう。・・・・・・・・・・・、新約のダビデ王家を立てるということです。つまり、三位一体のダビデ王家を立てるということ。日本は三位一体のキリスト王国として建国されています。八幡宮には万軍の主ーイエス・キリストー聖霊の三位一体の神が存在しています。天皇の権威はイエス・キリストから来ています。そのことを天皇を天照皇大御神の子孫と伝えているのです。天照皇大御神様はイエス・キリストを暗示しています。日本建国の真実は暗に示されています。


               「六調」の由来

 徳之島には清和源氏の子孫が多くいます。皆「六調」とは何かを知っています。色々なお祝いの会の閉めに踊る踊りと知っています。形式のない踊りです。とにかく手足を動かして喜びを表現すれがいいのです。喜び、歓喜の踊りというのがその名に相応しいと思います。さてその由来は、・・・・・・・・・。

 清和源氏は隠れ皇族と判明しました。真実の天皇はイスラエルのダビデ王の直系の子孫とも判明しました。その物証は我が家のキングコブラの鉄剣と24の日輪紋です。したがって、清和源氏は天皇の後胤であり、ダビデの後胤となります。ダビデの血が流れています。

 「主の箱を担ぐものたちが6歩進んだとき、ダビデは肥えた牛をいけにえとしてささげた。ダビでは主の前で、力の限り踊った。・・・・(サムエル記(下)7の13・14)」 ダビデは主の前で喜びから力の限り踊っています。この時のダビデの心は島の人たちが六調を踊る時の心です。「サウルの娘ミカルは窓から見おろし、ダビデ王が主の前で、はねたり踊ったりしているのを見て、心の中で彼をさげすんだ。(サムエル記(下)6の16)」 徳之島の六調の輪に入れないで、踊っている島人を心で軽蔑する人は、ダビデの子孫ではありません。六調を踊れるかどうかは、ダビデの子孫、12部族のユダ族であるかどうかを知る一つの試金石になるかも知れません。「ユダ」とは「賛美」という意味です。神を賛美する特質を持つのがユダ族です。その部族から永遠の王家、ダビデ王家が生まれました。神を一番に賛美する因子が永遠の王家に相応しいということです。


               偽ユダヤ人

 「ユダヤ人」を広辞苑で調べると、「ヤコブの子ユダの子孫の意。ユダヤ教徒をキリスト教の側から別人種と見なして呼ぶ称。現在イスラエルでは『ユダヤ人を母とする者またはユダヤ教徒』と規定している。・・・・・・」となっています。

 真正のユダヤ人はイスラエル12部族のユダ族です。それ以外でユダヤ人と自称するのは皆、偽ユダヤ人になります。ユダヤ人であるか否かは宗教で規定できません。宗教上のユダヤ人というのは存在しません。ユダの血を引く男系の子孫の子が真正のユダヤ人です。母親がユダヤ人だからではユダヤ人とは言えません。ユダヤ人の正しい定義に従って、最初に手をあげるべきは万世一系の天皇の子孫、清和源氏嫡流のわたしです。わたしは証拠の物、剣と紋をもっているからです。平家も天皇の子孫ですから、真正なユダヤ人です。日本の源氏と平家の子孫は真正ユダヤ人です。橘姓も天皇の子孫ですからユダヤ人です。日本には多くの真正ユダヤ人がいます。


           ヨハネの黙示録3の7~9

 「聖なる方、真実な方、ダビデのかぎをもっている方、彼が開くと誰も閉じる者なく、彼が閉じると誰も開く者がない、その方がこう言われる。・・・・・・・・・見よ。サタンの会衆に属する者、すなわち、ユダヤ人だと自称しながら実はそうではなくて、嘘を言っている者たちに、わたしはこうする。見よ。彼らをあなたの足元に来てひれ伏せさせ、わたしがあなたを愛していることを知らせる。」

 ダビデのかぎをもっている方はキリストです。この文意はキリストはダビデ王家の「主」ということです。日本では皇祖、天照皇大御神と天皇の関係です。ダビデのもつ王権はキリストから授かったものです。天皇の王権は天照皇大御神から授かったものです。王権のしるしは、大蛇、キングコブラが鎌首を持ち上げている蛇形記章です。王家の紋は永遠を象徴する24日輪です。

 サタンに属する者が定義されています。それはユダヤ人を詐称する者と。誰でしょう、・・・・・・・・・・・。身近にいます。・・・・・・先述していますように、天皇の後胤は皆、真正のユダヤ人です。明らかに分かる源氏、平氏、橘氏がそうです。源氏を詐称すると偽ユダヤ人となります。明治以降の皇室は北朝でもなく、南朝でもない偽ユダヤ人です。なぜなら、北朝の子孫と偽っているからです。北朝は足利家源氏の子孫=ユダヤ人です。偽ユダヤ人問題で外国だけに目を奪われてはいけません。国内の偽ユダヤ人、悪魔の会衆に属する者にも目を向けてください。もちろん、現在のイスラエル国は彼らがユダヤ人を詐称しているならば、当然、悪魔の陣営に属する偽ユダヤ人となります。真正のユダヤ人は神を賛美し、神の栄光を現す王族です。詐称ユダヤ人はねたみからユダヤ人と偽るのでしょうか。・・・・・・・・・・・・。悪魔はキリストの権威をねたんで盗んでいるのでしょう。


           徳之島の天照大神の物語

 徳之島の天照大神の物語に大神は寝ている間に統治権が盗まれたという話があります。日本の伝説23 『奄美の伝説』93頁参照。徳之島のわたしは天照大神の直系の子孫です。そのわたしは、王権を象徴する草薙剣が墓の下に隠されていた間、すなわち眠っている間に、皇位、すなわちこの国の統治権が盗まれたと主張しています。不思議な符合です。


          安倍首相のイスラエル訪問

 菊の紋を党章にしている自民党総裁の安倍首相は、十六菊花紋の明治天皇家は偽ユダヤ人ですから、論理的に悪魔の会衆の一人となります。イスラエルの首相も、間違った定義に基いてユダヤ人と称する偽ユダヤです。日本の首相とイスラエルの首相の握手の意味することは、何でしょうか、・・・・・・・皆さん、よく考えてください。イスラエルの首相と日本の首相が握手をして、そして平和を愛する日本人がイスラム国によって殺害されました。天皇が偽ユダヤ人のままでは、日本の首相も含めた世界的偽ユダヤ人勢力の巧妙な嘘で平和を愛する日本民族、真正ユダヤ人、神の民イスラエルは、どうなるでしょうか、神国日本はどうなるでしょうか。・・・・・・・・・・・・、今、真剣に考えるときです。


            神の前に

 人は自分の行為が神の前に正しいかどうかを自らに問うべき存在と考えます。わたしは去年、神の導きの中、自分が天皇の正統とわかり、皇位の奉還を宮内庁に要求しました。6通もの文書を出しています。電話もしています。全く、返事がありません。電話は無言、一言もしゃべりません。この皇位奉還要求の事実をNHK、朝日、読売、毎日、中日新聞に伝えてあります。警視庁には皇位が平和裏に天皇の正統に還るよう協力をお願いする旨の文書を送付してあります。皇位の奉還に期限を付けてあります。去年までに還さなければ、今年から明治天皇家は皇位を盗んでいることになると伝えてあります。また、わたしとわたしの家族にこの件で脅し等があった場合には、それは皇位の強盗を意味するとも伝えてあります。現在のところ何もありません。

 今年からわたしは神の前に皇位に復しています。したがって、今年から日本民族を悪魔の手から護るのは、わたしの務めになりました。ブログを始めたのは以上の展開からです。今年から、政府、宮内庁、それとわたしの皇位奉還要求の事実を知るマスコミは、毎日、正義と平和を愛する国民と世界を欺き、毎日、神の前に罪を犯し、毎日、神の怒りを買っています。神は生きてる神です。さばく神です。わたしは平和のシャルリです。


          世界維新

 日本の真実の天皇はイスラエルのユダ部族ダビデ王の子孫と世界が知ったとき、偽ユダヤ勢力は真正のユダヤ勢力、日本民族にひれ伏し、神が支配するダビデ王朝によって新しい世界秩序が生まれ、平和と繁栄を多くの世界公民が享受する世界維新をもたらすことでしょう。神国日本が現われることでしょう。

is6689さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス