台風が近づいていますねあせる
どうぞ、しっかりと安全対策をビックリマーク

犬ちゃんの   ヘルニア闘病記①続きですニコニコ


DAY1


後ろ足が動かなくなった犬ちゃんは
とても痛そうに息を切らしていました犬


診断は

椎間板ヘルニア



(又は骨軟化症が隠れてるかもしれない)

以下は、獣医さんに診察時に
言われたことです郵便局


「麻痺はこのまま続き、
自然に治る可能性はない。


下半身麻痺の介護になります。


手術が成功する可能性は50%以下、

更に回復する可能性はその70%くらいですね。」


つまり、
手術の成功  =  ヘルニアの除去  
                    =     50%  以下




痛みが取れ、歩けるようになる
                    =     50%× 70%  = 35%    以下



つまり、3分の1の確率でしか
元に戻らないならないということ.....!?







どうしよう!?

もう、犬ちゃんはこの時点で犬年齢
15歳

人間で言うと
76歳

なんと
人間換算で
わたしより高齢者


当たり前ですが、
犬ちゃんの方が
いつのまにか急速に
歳をとっていましたえーん


私は、
手術をして
辛い思いをしたところで

返って死期が早まるような気がして、
このまま介護しようかと思いましたあせる


もう治らないと思った息子は

下半身を乗せる車イスを

手作りしてくれましたえーん


手作り車椅子




でも
車椅子に乗るのもエネルギーが要るので
自分では動こうとせず

毎日蹲って痛みに耐える寝たきりの生活が続きました〜ハートブレイク

食べる物も減り、
体重も筋肉も減っていきました笑い泣き


続きはまた後日......

犬ちゃんの   ヘルニア闘病記③へ