ネイルサロンの選び方。(再考) | 西荻窪 ネイルサロン アイロワック  to the world of natural nails!!

西荻窪 ネイルサロン アイロワック  to the world of natural nails!!

ノン・アーティフィシャルネイルのネイルサロンを西荻窪でやってます。

つけ爪を卒業した方、したい方、もともと自爪だよ、というあなた、ようこそ アイロワック へ!

こんにちは。

 

 



 

アイロワックです。

 

 



 

今日はネイルサロンの選び方について少しお話ししようと思います。

 

 




良くお客様に言われるのは「いっぱいありすぎてわからない」「サロンや技術者によって差がありすぎて何を基準に選べばいいのかわからない」ということ。





 

そもそも何故こんなにたくさんあるんでしょう?という背景についてお話ししたいと思います。






まず、、。

 

 

 


 

ネイルの資格は民間の資格であって、国家資格ではありません。

 

 

 

 

 

いくつかの民間の資格がありますが、いわゆる国家資格と違ってカジュアルに受験できるものが多く年数もかからないので、敷居も高くない。(美容師以外の美容系の資格は得てして民間の資格であることが多いですが、ほんの数日で取得できてしまうというものも正直ございます。)

 

 

 

 

 

国家資格ではないので持っていないから開業できない、ということもありません。

 

 

 


 

加えてネイルの施術はテーブルとイスと照明があればできるので、自宅の一室でやることも可能、設備投資費もほかの美容業に比べて圧倒的に低く抑えることができます。

 

 

 


 

とても簡単に始められるので一年に新しくできる店舗が後を絶たないのです。





 

サロン勤務を数年経て独立する人もいれば、ネイルスクールを卒業して検定に合格しただけでお店を構えてしまう人もいます。

 

 

 


 

もっとわかりやすく言うと、サロンで何年も務め、何十人もの後輩も育て、スクールの講師もし、検定の審査員もしていました、と言う人と、週に一回のネイルコースを半年受けてその後に検定に通っただけの人が同じように個人サロンを経営している、ということです。

 

 


 

飲食店で言うなら調理師免許を取ったばかりの人がレストランで料理長をしたり、美容学校を出たての子がいきなり自分の美容院を持つようなもの。

 

 

 

 

 

調理師免許を取った、美容師として国家資格を取得した、、、と言ってもお店に入ればゼロから徹底的にしごかれます。

 

 

 

 

 

そういった経緯を経て一人前になるのですが、それがないとなればそれは「素人同然」ということ、技術に極端な差があるのはこのためです。

 

 

 

 

目安ですが、一人前のマニキュアリストになるためには最低でも一つのお店で3年は働かないと一通りの技術を身に着けることは不可能だと思います。

 

 


 

例えば2年のサロン勤務を経ていても、その間何度もお店を変えているのであればその技術者はあまり技術を持っていない、と思ったほうが良いです。




 

これは店を変えるたびに新人としてのスタートとなりますし、ネイルの手業も出身サロンや学校によりやり方の違いがあるので、一から訂正し技術の統一をしなかればならないためです。

 

 

 

 

ではどうやって選べばよいのか。

 

 


 

どのお店も今はHPを持っていると思いますからまずHPを見てみます。

 

 


 

自分が何をしたいのか、例えばケアをしたいのか、デザインをしたいのか、お店によってコンセプトが様々なのでそこをよく読んでいくとよいと思います。





ジェルのアートをしたいのであれば、アートに力を入れているところ、価格設定が明確なところ、そしてブログにはデザインサンプルやお客様のアートがたくさん載っていますから、それを目安に自分のファッションに合うかどうかを見ていけばよいと思います。





 

そしてスタッフについてもチェックします。

 

 


 

写真入りであるところが望ましいですが、これはスタッフの写真がないところはあまりに頻繁にスタッフが入れ替わっていてHPの更新が面倒だから、というところがほとんどのため。(同じ理由で1年中スタッフの募集をかけているところも要注意。)




 

スタッフが続かないサロンというのは、技術力も安定せず、お店としても必然的にぶれていきます。




 

そしてスタッフの経歴が書いてある部分を見るとよいのですが、その場合は何検定の何を持っているということよりサロン勤務年数や簡単な経歴(スクール講師をしたことがあるか、審査員をしたことがあるか、など)を見ます。





きちんとしたネイルサロンなら検定に通っているからといって、サロン勤務経験がなければすぐお客に入れるということはしません。

 

 



アシスタントとしてしっかりと掃除や裏仕事をこなし、先輩の接客、技術を見ながら勉強する場合がほとんど。





 

定期的にテスト形式で技術をチェックされた上で、まずは先輩のヘルプから入り、少しずつ独り立ち(一人でお客様の対応をしていく)していく、という流れが普通です。




 

サロン勤務経験があったとしても先に述べたように技術の方法に差があるので、そのサロンのやり方を習得してからお客様に入ります。

 

 


 

これでかなり絞り込めたことと思います。

 

 


 

例えばいきなりジェル10本、アートといくのは恐い場合は、ネイルケアのみの予約をしてみたらどうでしょう?




 

ネイルケアが上手なところはアートも上手なことが多いので、一つの目安になります。

 

 



まともなサロンならネイルケアだけの予約を嫌がったりすることもないですから安心して予約を入れてみましょう。

 

 

 

 

ネイルケア専門店と銘打っていなくても、きちんと教育され、鍛錬をした技術者であればネイルケアは出来るはずですが、所謂ジェル専門店からスタートした子であれば、難しい場合もあるかもしれません。

 

 

 

 

甘皮周りのケアは「ウォーターマニキュア」といってお湯を使って行うものと、乾いた状態で行う「ドライマニキュア」がございます。

 

 

 

 

つけ爪を施術する前にお湯でふやかしてしまうとお爪が水分を含み、つけ爪が浮きやすくなってしまうためにドライで行うわけですが、薄皮が強く張り付いている場合はドライでは専用器具を使用したとしてもケアすることが難しい場合もあるのです。

 

 

 

 

そのことを踏まえて事前にケアの内容を確認しておけばお店に行って「ケアをしてくれなかった」ということもないでしょう。

 

 


 

お店の雰囲気だけでなく、マニキュアリスト自身のセンスも見ることができますし、何より技術者の爪を見たらよいと思います。


 

 

 

時間も大事で普通ネイルケアだけなら極端に強く甘皮が張っている場合を除き大体40分くらいで終わりますから、あまりに遅い場合は、ジェルはその何倍もかかるということを頭に入れたほうが良いでしょう。





ジェルネイルをやるとやたら時間がかかる、と聞きますが、シンプルなアートで3~4時間かかるようならちょっと他を探しても良いかもしれません。




 

つけ爪の乗っていない、ナチュラルネイルにジェルを一通り乗せる(ベースクリア、色二回、トップ)だけだと1時間強で終わるくらい(これはケアを含んだ時間)が時間の目安と思うので、よほどの凝ったアートでない限り何時間もかかるというのはハッキリ言って技術力が足りていないように思います。




 

そして持ちについてですが、個人差もありますが、絶対的に言えることは上手い技術者に施術してもらったほうが色もつけ爪も持ちます。




 

下手な技術者だったらジェルでも3日で剥げますし、きちんとしていればマニキュアでも10日持ったりもします。

 

 

 

 

 

実際私の前勤務先でも高度な技術を持った先輩たちの乗せたつけ爪は1カ月経っているのに1mmも浮いていない、、、!ということがよくありましたし、新人の乗せたつけ爪は残念ながら早く浮いてしまうことが殆ど。

 

 

 

 

担当に技術者が熟練された人がどうか、こればっかりは施術を受けてみないことにはわかりませんが、価格の安すぎるところはやはり避けたほうが良いかもしれないですね、、。(大まかな相場ですが、ジェル10本の料金が5000円以下のところより、せめて7000~10,000円くらいではないと、良い技術者には出会えないような気がします、、。)

 

 

 

 

 

またマニキュア(ポリッシュ)でのカラーリングを希望される方の場合、事前にポリッシュでのカラーリングをしているか、またカラーバリエーションがどのくらいあるかを聞いても良いかもしれません。

 

 

 

 

 

これは昔のネイルサロンならあり得ないことですが、昨今のつけ爪推しのサロンの特徴としてカラーバリエーションが少ないのに「マニキュアもやっています。」と表示してあるところが残念ながら少なくありません。

 

 

 

 

 

実際アイロワックにいらっしゃるお客様でも「5~10本程度しかなかった!」「それしかないのにマニキュアもやっていると言わないでほしい、泣」という方がいらっしゃいますが、私もそれを初めて聞いた時は本当に驚きました。

 

 

 

 

 

マニキュアが好きな方の場合ご自身でも数十本所有している方はいるというのに、仮にもネイルサロンが一般の人より色を持っていないというのはどうしたもんかと愕然としますが、悲しいことにこういったことは珍しいことではないようです。

 

 

 

 

 

事前にポリッシュの本数を聞いてどんなに少なくとも100本は持っていないと「この色!」という色は見つけづらいように思いますね、、。(ちなみにアイロワックでは現在500本位ですが、大手である前勤務先では常時数千本ありました。)

 

 



 

ざっと書いてきましたが、人間同士相性もありますから、話が合うとかその人のセンスが好きとか、この人みたいになりたい、と思える人に施術してもらえれば、ネイルサロンに通うのがもっと楽しくなるのではないでしょうか?

 

 


 

そして。

 

 


 

もっとこんなアートがしたい!と積極的にスタッフに提案してみてください。




 

アートに力を入れているところであれば、新しいことを提案されることは本当に嬉しいですし、一緒にあなたに似合いそうなアートを考えてくれるでしょう。

 

 


 

例えば自分が北欧のインテリアや雑貨が好きな場合、そういう写真集や雑誌を持ち込んでこんな感じ、と提案しても良いと思います。





漠然と言われるより何かしら、目に見えるパターンや色があったほうが技術者にはすごく助かりますから。

 

 


 

これで少しはネイルサロン選びの目安がお分かりいただけたでしょうか?




 

アイロワックはつけ爪がメニューにない、ネイルケアとポリッシュでのカラーリング中心のサロンですので、ジェルで爪が痛んだので少しお休みしたい、仕事柄色が塗れないからケアだけでもしたい、ゆっくりと乾かしながらリラックスしたい、という方にお越しいただければ、と思っております。



 


これからもアイロワックを宜しくお願い致します。

 

 

 


西荻窪 ネイルサロン アイロワック  to the world of natural nails!!

 

 

 

(これがうちの個性です。)





<追記>

 

ネイルスクールについても同様。

 

サロン勤務経験もないまま独立して個人セミナー(スクール)を開いてしまう技術者もとても多いのです。

まだまだ教わらなければならないレベルの人が教える側に回ってしまう、、、。

 

恐ろしいですね。

 

ネイルスクールはできればある程度歴史のあるサロンに併設されているようなスクールのほうが安心です。(そちらのほうが学費は高いですが、、、汗)

 

何事も安く教わろうとするとろくなことがない、、ものです。

 

 

<追記2>

 

こちらもオープン以来、数回手直しをしながら投稿していますが、相変わらずお店がオープンしたかと思えばクローズする、、という状況は変わっていないようです。

私が商売をしている西荻窪でも、2013年にあったお店で今も継続しているお店は1~2店舗、あんなに沢山あったのに、、、に驚きます。

実は私のお店が入っているマンションの1階にもネイルサロンがあるのですが、オープンしたかと思ったら半年後には閉店、その後ずっとクローズしているのかと思いきや、思い出したように開いているときもあったりして継続することの難しさを痛感します、、。

 

前勤務先はネイルスクールも併設されている大手でしたが、以前のように趣味で通う生徒は圧倒的に減ったということ、カジュアルにできる仕事ではないという現実が見えたということもあるかもしれません。

どこのお店もスタッフの確保には苦心していると思いますが、頑張ってほしいです。

 

皆さんもここなら、、と思えるサロンに出会えるとよいですね。

 

 

 

******************

 

 

ネイルケアルーム アイロワック


 

 

JR中央線 西荻窪駅北口 徒歩2分
 

完全予約制・女性限定
 

営業時間 10:00~22:00頃

(最終受付時間は施術内容によって異なりますので

ご相談ください。)

 

定休日 水曜日、木曜日(臨時休業有)


 

 

ご予約はこちらから

 

 

******************