アメリカで受付の人に言われたこと信じちゃダメ | アメリカでお母さんと看護師やってます

アメリカでお母さんと看護師やってます

アメリカ、ポートランド在住。子育てとナースしてます。

ぎゃーぎゃー!私が何年か前に行ってた大学院。ポートランド州立大学。

1学期1000ドルぐらい学生用の健康保険に加入させられるんです。

(どこの大学もそうだけど)

 

息子1の大学なんて良心的で「学生用の健康保険に加入しますか」とはっきりと聞いてきた。

 

なのにポートランド州立大学では聞かれた覚えは皆無。

どこかに書いてあったんだろうけど、見落とすぐらいのさらっとした書き方。

 

で、当時加入させられた学生用健康保険。

 

オットが「保険もううちは会社で加入してるんだから、絶対に加入しなくて良いはず。」と教えてくれたので、私、大学に行って

 

「加入したくないんですけど」と言いに行ったの。

 

なのに。。。受付の人「全員加入が義務付けられてます。例外はなし」とさっぱりきっぱり言い張った。

 

だからたじたじと引き下がっておとなしく毎学期1000ドルずつ払い続けた。

4タームぐらいで学校辞めたから4000ドルなり。チーン笑い泣き

 

そして!今年からポートランド州立大学に通い始める娘も同じように、突然健康保険のカードが送られてきた〜!

インターネットで調べたら、オンラインで加入拒否する手続きができるじゃありませんか!

 

あのときの女、嘘ついた〜!!!(まあ私も自分で調べれば良かったけど)

 

もっと昔に歯の根管治療するときも歯医者の受付に私の健康保険適用すると堂々と言われたの。

 

なのに、治療が終わって請求書が来たら、適用しないので自費で払ってねとのこと。

 

こういうことがアメリカでは多すぎる〜!!!

 

そこで学んだこと、アメリカでは受付の人のいうことを信じちゃダメ。

 

 聞いたあと質問した日付と担当者の名前をメモするのも良いですよね。でもこれは、あなたが聞き間違えたと言われそう。


何人かの人に確認する?


これも大変だけど、しょうがないよね。

アメリカだし。


ランキングしつこく燃えてます。

クリックしてね!

  

 にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ