治療例「足の指の付根が痛くて歩きづらい」のご紹介 | 埼玉県志木・朝霞台・和光市・新座の鍼灸・活法整体いろは治療院のブログ
2017年12月06日(水)

治療例「足の指の付根が痛くて歩きづらい」のご紹介

テーマ:症例/モートン病・足底腱膜炎

右足の指の付根、ツボでいうと湧泉【ゆうせん】あたりに足を着いただけで痛みがあり、歩きにくいという患者さんの治療例です。

 

外反母趾が元々あり、靴選びは慎重になさっているそうです。

今回、痛みが出るきっかけとなったのが靴を替えたこと。ただ、いつもの靴を履いても痛みを感じることがあったので、靴を替えたことがきっかけ、というのは必ずしも今回の原因ではないと判断しました。

 

最も注目すべきは、脹脛【ふくらはぎ】です。

上図、水色のところがそれです。足の裏と脹脛は密接な関係があります。

このケースでは、もしかしたら外反母趾が長年あったために歩き方、立っているときの体重のかけ方など様々な要因が絡んでいる可能性も考慮する必要があります。

 

いずれにおいてもまずは整動鍼の基本、「動きやすさを取り戻し、痛みを解消すること」を優先していきます。

 

その内容は「脹脛の硬さ張りを腰で緩める」です。もちろん、脹脛に直接、鍼をしても緩められるでしょう。ただ、脹脛だけを緩めるのでは症状が戻りやすい傾向があります。そこで、脹脛を緩める腰にあるツボを使っていきます。

 

詳しくは当院の症例ページでご紹介しております↓↓

足の裏の痛み治療例3|志木・朝霞台・和光・新座|鍼灸活法整体いろは治療院

 

いろは治療院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス