10/18(土)快晴の中、彩りツアーのスタートでした

参加者は奈良からのご夫妻、宝塚、横浜、東京、と
あちこち遠いところから総勢7名でのワークとなりました。


この大きな鳥居。参道の入り口にありますが、昭和天皇ご親拝を記念、また御在位60年を奉祝して建立され、昭和61年5月28日に竣功しました。


一般に一の鳥居として知られていますが、本当の一の鳥居はこちら↓↓↓



この一の鳥居をくぐると、神仏分離で別れた下之宮があります。
「三輪に参らば上下かけよ。どちら欠いても片参り」

地元出身の私が、マニアックな情報をナビゲートしました。

集合時間が11時だったので、それまでに行ってみたいところがあって、三輪山のさらに東側をうろついてきました。

すると、「化粧川の化粧壺旧地」というところがあって、初代斎宮の豊鋤入姫命が禊をした場所だというところを発見!


朝日で禊いでもらえたかしら


11時に弐の鳥居集合予定が、チャネラーの久美子さんの指示で急きょ変更。
大鳥居に集合し、 まずは綱越神社へ


祓戸四神が祀られています。

そのあと一の鳥居をくぐり、神仏習合時代に大神神社にあった造化三神と先人の祖霊が祀られている大神教会にご挨拶して、大神神社へ

日本を支える八百万の神々の大元である奈良のこの地で、
今の神様と人との距離が縮まり、もっともっと自分の中の神様を意識することができるようにというワークショップの趣旨をレクチャー。

この後、一人一人に神様からのご神託をいただきました。


檜原神社

↓ここは、天照大神が宮中から出され、最終的に伊勢神宮に祀られるまでに、各地を回るのですが、そのスタート地点「元伊勢」の始まりであるところ


ここでは豊鋤入姫命(とよいりすきひめのみこと)も祀られています。

ひめの御前での祈りとワークショップ
それぞれに気づきがありました。

檜原神社はレイライン上にあり、このしめ縄から西の方向に延びる二上山の麓に春分と秋分の日、きれいに夕日が落ちていきます。


檜原神社でのご神気を堪能し、

桜井市出雲にある十二柱神社へ


折しもお祭りの宵宮と重なりめでたいこと♪

最中地点の室生龍穴神社についたときにはもう真っ暗に

通常、神社は16時以降は神様は夜の人たちと入れ替わるので、参拝は控えた方がいいのですが、
そこは神様とのご縁が強い久美子さんの誘導で、光の道に導かれて入れてもらうことができました。

神様も待ってくださっていたようです。

そして、サプラズもあり、最終的には9人でご神託を頂いて、ミッションコンプリートとなりました。



ワークショップの後は、イタリアンなお店で夕ご飯とデザートで話に花が咲きました♪



参加してくださった方々のブログです。

 くみくみさんのブログ

 彩紅輪さんのブログ


ザクッとしたレポートとなりましたが、文章には書き表せないほどの、実際にはもっと深く濃い一日でした。
もうこれは、実際に体感していただくのが一番です!

大神神社の中心とした江草久美子さんのワークショップは2017年まで続きますので、今後の予定にご注目くださいね




  募集中

 【彩りツアー@東京】11月1日 日本橋七福神めぐり →詳細、お問い合わせはこちら

 【彩りツアー@奈良】11月11日 彩さんと行く古墳ツアー♪&個人セッション 残席1となりました!
    →詳細、お問い合わせはこちら