こんにちは!
発達凸凹アカデミー 伊藤真穂です。
 
 
この1ヶ月間は、
インストラクター養成講座の説明会で、
たくさんの方に会ってきました。
 
 
その中で、
よくあるご質問を、
 
「効果的な支援策」の浜田悦子先生に
答えてもらいました。
 
 
 
先週メルマガでご希望者限定でお伝えしましたが、
こちらのブログでもシェアしていきますね。
 
 

■質問内容


 

4,仕事となったら子どもにどう伝えればいい?
  (本人への告知について)

5,日程ごとの詳しい内容を教えて!
 

 
本日は、
 
4,仕事となったら子どもにどう伝えればいい?
 
です。
 
//////////////////////////////////////////////
 
子どもはグレーなので、
自分が発達凸凹だということもまだ知りません。

すでにインストラクターになっている方は、
お子様に(自分の活動のことを)

どのように伝えているのでしょうか?
 
//////////////////////////////////////////////
 
 
ここからは、
おうち療育アドバイザーの浜田悦子先生にお答えいただきますね。
 
 
おうち療育アドバイザーの浜田悦子です。
ご質問ありがとうございます。


お子さんの障害の度合いや、そのご家庭の方針なども関係していますので様々だと思います。
 
ちなみに、わたしはむすこが小学4年生(10歳)


「 時々先生をやっているよ 」と伝えてはいますが、 詳しい内容は伝えていません。
  

少し視点が変わってしまいますが、


わたしも今ちょうど ” 告知 ”について考えています。



ちょうどむすこのドクターを話す機会があったので、告知について聞いてきました。



ーーーーーーーー


小学5、6年生で告知される方は、約10%
中学2、3年生で20%ほど。
  

告知というのは、
 
①本人の中に気付きがあるか?
②秘密保持ができるか?

上記の二点が整っていることが大切。

自分がどうすればできるようになるのか?
苦手なことをどうしればできるようになるのか?
  

性格を整理し、人生をもっとうまくために行うもの


ーーーーーーーー

グレーのお子さんでも診断がついていても、
共通することがあると感じています。   


わが家もまだ結論が出ていませんが、普段から子どもと信頼関係を作っておくということは心掛けています。

その上で、

わたし自身のために伝えるのではなく
子どもが前向きになれる方法を考えています。  


参考になりませんが(汗)
参考になさってください。
 
 
***ここまで****
 
 
インストラクターさんの中には、
 
私のように、
 
顔を出して、
名前も本名で、
お子さんのこともがっつり書いている方もいますが、
 
 
そうでない方もいます。
 
 
名前は出さず、
顔も出さず、
 
地域はわかるけど、
個人は特定できません。
 
 
一般的に、
 
このようにブログだけでの集客は、
顔出し・名前だしは基本!と言われます。
 
 
受ける側の立場になってみると、
確かにそのほうが安心しますよね。
 
 
でもね、
 
発達凸凹アカデミーに関しては、
そこはイレギュラーで、
 
強制はしませんし、
ママの気持ちを尊重しています。
 
そして、
「集客」の講座内では、
 
顔を出さなくても信頼される方法を
集客講座担当の、
 
櫻井のりえ先生に教えていただきます。
 
ご安心くださいね。
 
 
 
次回は最終回です。
 
5,日程ごとの詳しい内容を教えて!
 
 
です!
 
 
 
 

2期生募集開始しました!

 

 

インストラクター養成講座 無料説明会

 

【会場説明会日程】

  • 8/9(金)11:00〜横浜桜木町→残2
  • 8/30(金)11:00~京橋→残2
  • 9/7(土)13:00~福岡市博多
  • 9/19(木)13:00~新横浜
気軽でオススメ!↓
【オンライン説明会日程】
  • 7/30(火)11:00 〜
  • 8/7(水)11:00〜
  • 8/29(木)11:00〜
 
最新の予約状況や、オンラインの日程など詳細・お申込みはこちらから
詳細はこちらから
 

 

 

インストラクター主催の

ランチ会・座談会はこちら

 

 

「効果的な支援策」の開催スケジュールはこちら