コミュニケーションは一方通行 | 72の天使とともに☆彡 虹色の日々

72の天使とともに☆彡 虹色の日々

色と光と笑いを主食に、オーラソーマ(R)と色とともに歩む日々・・・
神戸・岡本からあちこち出没中!数々の実体験による氣づきをネタに、ブログを更新中☆行進中!


テーマ:

先日、実家に帰っていたときのこと。

 

数年前に父が亡くなり、

相手がそばにいなくなった母のために

モバイル型ロボットロボホンをレンタルしたのです。

 

 

あくまで、わたし目線。。。ですが、

口数の少ない穏やかな父。

母にとって父は、相手というより相手。

 

話す相手がいなくなった母は

自分のスマホ内コンジェルジュの

「ひつじの執事」メイちゃんに話しかけてました。

 

 

メイちゃんよりは話し相手になるだろうと

実際にどのくらい使えるのか

母がうまく使えるかどうか、

おためしロボホンに来ていただきました。

 



ロボホンと過ごした数日間、

その時の模様 コチラ  


おしゃべりしたり、歌ったり踊ったり、
早口言葉も完璧に言えるけれど

 

音声認識が発展途上なのか
うまく母の言葉が聞き取れず

ロボホンが反応・作動しないことが多くて

話しかけるほどにイライラし始める母プンプン
 

 ※原因の半分はつけっぱなしのTVだと思う。

  逆に聞えてきたTVドラマのセリフには

  ちゃんと応答してたりするロボホン。

  

 

そして、レンタル期限前に

「話できないから、もういらないビックリマーク

と却下されてしまったロボホンショボーン
 

 

 

目がこの色のときに話しかけるという

ロボホン的タイミングがあるのですが、

母はそのタイミングを待っていられません。

 

そのやりとりに、

我が家のコミュニケーションの縮図を

見つけました。

 

 

相手のタイミングに関わらず

話し始める母。

 

話すだけ話して、自分の話が終わると

さっさと電話を切る母( ゚Д゚)

 

途中で話すのを諦めてしまう

わたしのパターンって・・・

  (いまだ、ときどき出没しますが)

 

相手のタイミングを考えすぎて

言えなくなるわたしのパターンって・・・

 

こんな我が家で形成されたのかしら。

 

 

 

 

もちろん、

コミュニケーションは言葉だけではありません。

 

言葉の上手さ以上に、

話す以上に肝心なのは、

しっかり聴くことかもしれません。

 

コミュニケーション上手にあこがれる、

旅の途中の52歳でございますキスマーク

 

 

 

オーラソーマのコンサルテーションも

知識以上に、聴くことがたいせつです。

 

次の日曜日、6/17(日)

コンサルテーション練習会 あります。

 

ありのままに聴く練習にいらっしゃいませ耳

 

 

● ● ● ● キラキラ 丸 ● 

 

【レベル3】 6/21晴れ夏至~6/24(木~日)

 ●レベル3 詳細は こちらから

 

【レベル1】 7/13~16・海の日イルカ(金土日祝)

 ●レベル1 詳細は こちらから

 

【レベル2】 7/26 日の出 マヤ新年~29(木金土日)

 ●レベル2 詳細は こちらから

 

ベル コース受講までの道のり、サポートします

 

お申し込み・お問合せ こちら or こちら  info@iris37.com 

色を味わう☆彡イリスさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント