今日から穀雨ですね。春も終わりに近づいてきました。

これからは寒さも感じることが無くなり雨が多くなります。

 「雨生百穀」(雨が百種の穀物を生じさせる)という言葉から二十四節気の穀雨という言葉が出来たそうで、作物がぐんぐんと育つ良い時期になりますね。

 暖かくなることから皮膚や筋肉の血流量が増してくる半面、眠気やのぼせ、眩暈などの自律神経症状が起こりやすい季節となります。「春眠暁を覚えず」というように朝起きられない起立性調節障害を引き起こしたり、五月病といわれるように鬱傾向も出現しやすくなります。新生活で普段以上に色々な面での緊張があり交感神経優位な状況が続くこととそれによる疲労が原因となりやすいので適度にリラックスできる時間を持つことが大事ですね。

 また、湿度の高いことによる気象病から神経痛、例えば肋間神経痛、座骨神経痛、三叉神経痛などの発症しやすい、また浮腫みやすい時期とされています。

 とはいえ、過ごしやすい良い季節ですので体調を整えつつ色々なことにチャレンジして欲しいと思います。