弊社が『福岡労働局長優良賞』を受賞しました。 | アイリス・オフィシャルブログ

アイリス・オフィシャルブログ

TEL:092-413-7777
福岡にあるエステティックの専門商社アイリスです。
アイリスキャリアスクールとして
アロマのスクールも運営中。
このブログでは、商品情報・講習の様子や
日々の授業風景などを綴っています。
よろしくお願いします。


テーマ:



皆さん、こんにちはビックリマーク

この度、弊社 株式会社アイリスは
厚生労働省のファミリー・フレンドリー企業部門で

『福岡労働局長 優良賞』

を受賞いたしました!



この表彰は、平成11年度から
「ファミリー・フレンドリー企業表彰」として
毎年10月に実施してきましたが、
平成19年度からは「均等推進企業表彰」と統合され、
「均等・両立推進企業表彰(ファミリー・フレンドリー企業部門)」
として実施されているものです。


◆平成24年度のファミリー・フレンドリー企業部門は、

全国では、
・厚生労働大臣優良賞 2企業
・都道府県労働局長賞(優良賞)13企業
・都道府県労働局長賞(奨励賞) 7企業
のように表彰されました。

このうち株式会社アイリスは、
「均等・両立推進企業表彰」受賞企業で、労働者数30人未満は
【全国で当社のみ!】で、
ファミリー・フレンドリー企業部門の
「都道府県労働局長賞(優良賞)13企業」の中の1社に選ばれ、
九州での受賞は【当社を含め2社だけ!】という、
とても高い評価をいただきましたニコニコ


皆様に弊社代表 岡山昭次郎からご挨拶させていただきます。

◆─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…◆
株式会社アイリスの岡山昭次郎でございます。

私は、もともと美容・理容のイスなどの
製造販売メーカー(タカラベルモント株式会社)出身で
業界歴45年が経ちました。

私が携わる美容業界は他の業界と比べますと、
以前から女性の比率が高く、技術を身に付け、
末永く働くことができる業界の
ひとつと思っております。

しかし一方で、若年者の離職もたいへんに多い業界でもあります。

私は以前から女性が長年働ける職場にしたいと考え、
女性が結婚・出産・育児などの節目にたっても
続けやすい職場の環境づくりに着手して、
問題点を確認し改善を行い続けてまいりました。

近年、弊社社員の結婚や妊娠などが重った時期にも、
女性が働ける職場環境を提供できるように
企業努力を続けてきたことが
今回評価され、このようなたいへん名誉ある賞を
受賞させていただきました。

今後さらに社員ひとりひとりが、
生きがいある人生の環境づくりを
アシストできる会社を目指してまいります。

これからも、株式会社アイリスをどうぞよろしくお願いいたします。

株式会社アイリス 代表取締役 岡山 昭次郎
◆─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…◆




アイリス・オフィシャルブログ-表彰式の様子
【表彰式の様子】


アイリス・オフィシャルブログ-発表の様子
【発表の様子】



アイリスは、更に仕事と家庭を両立しやすい企業を目指して
努力してまいります。


-----------------------------------------------------------
■ 都道府県労働局長優良賞及び奨励賞
  均等・両立推進企業表彰受賞企業一覧

-----------------------------------------------------------

◆均等・両立推進企業表彰の受賞企業で、
労働者数30人未満は全国で当社のみ
◆ファミリー・フレンドリー企業部門では、
全国で優良賞の受賞は全国で13企業、
九州では当社を含め2社だけという
とても高く光栄な評価をいただきましたビックリマーク


平成24年度「均等・両立推進企業表彰」受賞企業一覧

$アイリス・オフィシャルブログ-ichirann



--------------------------------------------------------
■「ファミリー・フレンドリー企業」とは(知恵蔵2012の解説)
--------------------------------------------------------

従業員の仕事と家庭生活の両立を支援するため、
様々な施策を行っている企業。

施策は、企業内保育所の設置などの直接的支援策と、
育児・介護休業や、出産退職後の再雇用、
短時間勤務など家族生活に応じた勤務形態を
認める施策とに大別される。

企業にとっては、短期的には負担が増えるが、
優秀な人材を企業内に引き留める効果がある。

米国では、ファミリー・フレンドリー企業ランキングが発表され、
企業も有能な人材を確保する為の一手段としている。
日本でも、政府が推進し、厚生労働省は10月を
「仕事と家庭を考える月間」として、
ファミリー・フレンドリー企業を表彰している。
( 山田昌弘 東京学芸大学教授 )


-----------------------------------------------------------------
■「ファミリー・フレンドリー企業に対する表彰について」(厚生労働省より)
-----------------------------------------------------------------

ファミリー・フレンドリー企業とは、
仕事と育児・介護とが両立できるような
様々な制度を持ち、多様でかつ柔軟な働き方を
労働者が選択できるような取組を行う企業をいいます。


具体的には以下の4つの柱からなるものです。

1.法を上回る基準の育児・介護休業制度を規定しており、
  かつ、実際に利用されていること


 分割取得できる育児休業制度
 通算93日を超える介護休業制度
 年5日を超える子どもの看護休暇制度 等


2.仕事と家庭のバランスに配慮した柔軟な働き方ができる
  制度をもっており、かつ、実際に利用されていること


 育児や介護のための短時間勤務制度
 フレックスタイム制 等


3.仕事と家庭の両立を可能にするその他の制度を規定しており、
  かつ、実際に利用されていること


 事業所内託児施設
 育児・介護サービス利用料の援助措置 等


4.仕事と家庭との両立がしやすい企業文化をもっていること

 育児・介護休業制度等の利用がしやすい雰囲気であること。
 特に、男性労働者も利用しやすい雰囲気であること
 両立について、経営トップ、管理職の理解があること 等


※ 詳しくはこちらをご覧下さいニコニコ



ペタしてね

エステ専門商社 アイリスさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス