サッカー選手の膝蓋靱帯炎がHR(ハイドロリリース〕で改善したケース。 | 新浦安しんもり整骨院 入船院

新浦安しんもり整骨院 入船院

・プロスポーツトレーナーのいる整骨院
・スポーツマッサージ、骨盤調整、はり、リハビリ、トレーニング など
・肩 こし ひざ 首 背中 しびれ 足首 など
・交通事故 むちうち 専門治療
・美容鍼、リフトアッププログラム

サッカー選手の膝蓋靱帯炎がHR(ハイドロリリース)で改善したケース。


・プロサッカー選手

・膝のお皿の下の痛み

・6ケ月以上痛み

・パフォーマンス80%位しか出せない

・エコー上 膝蓋腱の部分断裂(変性?)が疑われる

MRIも同診断


以下の理由により、リハビリに加えてドクターにHR(ハイドロリリース )を行なって頂きました。

腱の変性が疑われる

痛みが長期(3ケ月以上)

パフォーマンスの低下あり

選手本人希望



HR後、痛みは数日で半減し、練習離脱なくパフォーマンスも向上しました。しかし、根治した訳ではないので、リハビリは継続し、オフはランニングを控えて、ウエイトトレーニング中心にして、患部の修復に努めたいと思います。


ジャンパー膝やアキレス腱炎、足底筋膜炎などは、悪化すると長期化する恐れがあります。このようなケガはHRなど積極的な治療をするタイミングが重要だと考えてます。


つまり、手遅れにならないように見極める必要があります。


ポイント

・ただの炎症なのか、変性や部分断裂など組織の破壊が進んでるのか評価

(ドクターによる、MRI 超音波エコー診断)

・痛みが長期化してるのか?(3ケ月以上)

・痛みは、悪化しているか?

・パフォーマンスに影響あるか?

・選手が希望するか?


こちらも参照下さい

ジャンパー膝 構造的な破綻を防ぐ 休むか休まないか?