もんでも良くならない 手のしびれ 頭痛 肩こりの原因 【頚椎編】 | 新浦安しんもり整骨院 入船院

新浦安しんもり整骨院 入船院

・プロスポーツトレーナーのいる整骨院
・スポーツマッサージ、骨盤調整、はり、リハビリ、トレーニング など
・肩 こし ひざ 首 背中 しびれ 足首 など
・交通事故 むちうち 専門治療
・美容鍼、リフトアッププログラム


テーマ:

関節調整の達人 関節ニュートラル整体の仮屋先生に、首の骨【頚椎】の調整を個別指導いただきました。

手の痺れや肩こりや頭痛など改善するには頚椎の調整は不可欠です。

 

なぜ手のしびれが起こるか?

横を向く動き(回旋)をする動きは、上位頚椎で多く行われます

従って、上位頚椎の動きが制限されると、下位頚椎の動きで代償され、下位頚椎が可動域亢進症(ハイパーモビリティー)になり、神経周囲の代謝異常が起こり手のしびれれが起こるケースがあると考えています

 

側屈できているか?

側屈とは、頭を横に傾ける動きです

回旋と側屈は同時に起こっており、これをカップリングモーションと言います。

側屈の動きが悪い場合は、回旋も制限されます。

 

例えば、左回旋の時は 下位頚椎は左側屈が同時に行われます

(諸説あります)

だったら左向くと、左に首を傾けるやん??って思いますが、上位の頚椎が逆側に側屈することで調整しています

例えば、左回旋の時は、上位頚椎は右側屈が同時に行われます

(諸説あります)

 

下位頚椎は関節面の傾斜が大きく、側屈に制限がある場合伸展してしまいます

そうすると、神経が首から出てくる穴(椎間孔)を狭めてしまい、神経の代謝異常が起こりやすい状態になると考えられます

左を向いてるつもりでも、左上を向いている動きを繰り返してしまうということです

 

環椎後頭関節(occ1) の動きも重要になる

環椎後頭関節は、頭と首の関節です。

頭の重さは体重の10%程度と言われており、体重50キロの方だと5キロになるので、11ポンドのボーリングのボールと同じくらいの重さです。そんな頭を支えるこの関節には、大きな負荷がかかっています。

環椎後頭関節は屈伸と側屈に関与し、側屈制限により上部頚椎の回旋制限を起こし、下位頚椎のハイパーモビリティーが起こり、しびれが生じることも考えれます

 

斜め下を向いた時に顎がつくか?

斜め下を向いた時に顎がつくくらいの頚椎の可動域が望ましいです。その時に、逆側に頭が傾いているかチェックします。写真の場合、

左を向いて(左回旋)、右に頭が傾いている(右側屈)のが望ましいです

左を向いて(左回旋)、左に頭が傾いている(左側屈)と

上部頚椎もしくは環椎後頭関節の右側屈の動きが悪いのかな?と推測します

 

スポーツへパフォーマンスへの影響

頭部や頚椎は、姿勢反射やバランスに対する影響が大きいと考えられており、スポーツ選手にとっても頚椎の調整は必要と考えてます。

 

揉んでも改善しない頚椎の動きをよくするには?

マッサージや筋膜リリースやストレッチなど、表層の調整だけでは不十分な場合があります。それは、より深くにある骨と骨の関節包や脂肪などの周囲のfascia(結合組織)が癒着し、関節の動きが悪くなっている場合です。

深部が動かないものを、動かそうとしても、動かないものは動かないのです

 

その際は、関節ニュートラル整体にて関節1つづつを、全く痛みなく、安全に調整する必要があります

詳細は関節ニュートラル整体についてをご覧ください

揉んでも改善しない症状をお持ちの方はご相談下さい

 

 

新浦安しんもり鍼灸整骨院 入船院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.