新浦安しんもり整骨院 入船院

・プロスポーツトレーナーのいる整骨院
・スポーツマッサージ、骨盤調整、はり、リハビリ、トレーニング など
・肩 こし ひざ 首 背中 しびれ 足首 など
・交通事故 むちうち 専門治療
・美容鍼、リフトアッププログラム


テーマ:

大腿2頭筋肉離れ予防 ウエイトトレーニングから


プロ野球大谷選手もなった「大腿2頭筋肉離れ」

これはサッカー選手にも多く、選手は恐怖を感じている


様々な予防方法が提唱されているが、私はウエイトトレーニングに

よる予防が効果があると感じている

しかも、「予防」だけでなく「筋力強化」も同時に行われるので

一石2鳥のトレーニング。行わない手はないのではないか。


ー大腿2頭筋肉離れの原因

色々あるが、「着地の後にガクッと膝が外に開く」ということに注目する


まずは、大谷選手の受傷シーンを見てみたい






走っている最中に、”着地の後にガクッと膝が外に開く”のがわかる

おそらくこの瞬間に、筋肉は切れている(敢えてこの表現)


”着地の後にガクッと膝が外に開く”と、

大腿2頭筋がより伸ばされてから、曲げようと(収縮)するので

より、エキセントリックの負荷がかかる




だから、”着地の後にガクッと膝が外に開く”のをなるべく減らしたいのだ

ウエイトトレーニングを学ぶ前の自分なら、股関節の内旋や

下腿の内旋を促すように、別々のエクササイズを処方していた


だが、本当にそれでいいのか???

・結局事件は”エキセントリック”の場面で起こっている

・結局事件は、”足を地面に着いている時”に起きている

・結局事件は”強い負荷”がかかって起きている


これらを、最大公約数再現できるのは、ウエイトトレーニングでは

ないかと考えるようになった


”着地の後にガクッと膝が外に開く”のは、RL(リバースランジ)の時に経験する。

しかも、それなりの重りを持った時だ


それを防ぐには、

・内転筋で股関節外転を防ぐ

・腸腰筋で股関節外転を防ぐ

・中臀筋で股関節外旋を防ぐ

・大内転筋で股関節外旋を防ぐ など色々ある


そんなの別々に鍛えるのは無理だし、万一できると仮定しても非効率(時間の無駄)

である


これらを、最大公約数再現できるのは、ウエイトトレーニングでは

ないかと考えるようになった


もう少し、マニアックに考えると

大腿2頭筋は、「長頭」と「短頭」2種類の筋肉が合わさって

できている。


肉離れは「長頭」「短頭」「半腱様筋の共同腱」の境目で起きている

短頭は膝の付近で長頭の停止腱に付着している

短頭は単関節筋で非常に力が強いが、固くなりやすい


長頭は屈曲初期に一旦外側に移動し、後内側に移動しながら

半膜様筋の周囲を回旋している

(運動療法のなぜがわかる超音波解剖より)


短頭が硬くなる➡️長頭の腱の緊張高まる➡️共同腱の緊張高まる


この状態で、”着地の後にガクッと膝が外に開く”と

長頭の腱に更に伸張ストレス➡️屈曲初期に長頭が回旋した時に腱と筋肉がはがれる


という、肉離れのシナリオが考えられる


ーウエイトトレーニングを活用したハムストリング肉離れ予防


■RDL ルーマニアンデッドリフト

 ハムストリングの柔軟性UP

   エキセントリック収縮能力向上


■RL リバースランジ

 ”着地の後にガクッと膝が外に開く”のを防ぐ

 殿部の筋力強化


現在はリハビリの中から、これら種目を可能な限り取り入れる

様になった


リハビリ期間にしっかりとフォームを習得し、

ケガが完治した後により負荷をかけて、継続してトレーニングして

強くなって欲しいので。。。


ケガをしにくい体作り + 体を強くする =ウエイトトレーニング


リハビリからやる意味あると思いませんか?^ ^

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

新浦安しんもり鍼灸整骨院 入船院 さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。