サッカー育成年代に必要なトレーニング | 新浦安しんもり整骨院 入船院

新浦安しんもり整骨院 入船院

・プロスポーツトレーナーのいる整骨院
・スポーツマッサージ、骨盤調整、はり、リハビリ、トレーニング など
・肩 こし ひざ 首 背中 しびれ 足首 など
・交通事故 むちうち 専門治療
・美容鍼、リフトアッププログラム


テーマ:

最近結構聞かれるから、チョットわかりやすく書きます(表現が少し極端に書きます(^^;))


日本のサッカー選手に、写真のような体幹トレーニングは必要ないと考えてます

そんなことやれる時間のある選手は

ほとんどいないと言った方がいいか。。


{20F65A9A-C0C7-4703-BB50-4725D0E9B448}

{375BD211-6468-415B-9E0A-4A7C522F89B4}

{CDC577C1-9478-4283-B5EE-43B0A8EC324B}



必要なのは

バックスクワット や リバースランジ

など GS performance 加賀さんが指導しているウエイトトレーニングだ


特に中学 高校ユース年代から

取り組んだ方がいいと思っている


正しいフォーム プログラムが必要だ


そんな話しをしていたら

Jリーグや韓国でフィジカルトレーニングをしている、津越さんから、韓国の情報を聞いて驚いた


====

以下 津越さんから

急がないといけませんね!韓国人は、育成年代からのウェイトとジャンプの習慣化が、パワーと筋量の源になってると思います!


====


我々が10年間 体幹トレーニングやってる間に、韓国はウエイトトレーニングやり

筋力がジャンプ力つけてる


どっちが、世界に近づくと思いますか?


育成年代のサッカー関係者の方

本物のストレングスコーチをご紹介

しますので、ご連絡下さい


サッカー界にウエイトトレーニングが

普及しない理由

理由はこちら

新浦安しんもり鍼灸整骨院 入船院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス