おはようございます。安藤しずきです。

 

娘さんの摂食障害で
お悩みのお母さまから

メッセージをいただくことが
あるのですが、


お母さまのお声を聴いていて感じるのは、

本当に娘さんのことを想っておられる

だからこそ、

摂食障害に苦しむ娘さんを近くで見ていて
本当に辛い思いをされていて

なんとかしようという思いから
知識もたくさん持っておられる

だけど、

現状が変わらないことに
とても苦しい思いをされている


ということ。


私は当事者の立場しか
経験したことはありませんが

私が苦しんでいた10年間、

それを近くで見ていた母が
どれだけ苦しい思いをしてきたか

痛いほどに感じていたのです。


お母さんは悪くない。

だけど、

お母さんを悪者にでもしてなきゃ
自分を保てなくて、当たり散らす。


母も、どう接したらいいのかわからず
随分と悩んだのだろうと思います。

だって、何をやっても
返ってくる反応は反発心むき出しで。

それなら、そっとしておこう。

 

そう思っても
どんどん症状はひどくなっていくばかりで。

それを黙ってみているなんて
どれだけ辛いことだっただろう


と思うのです。


私は症状ストップまでは
ほとんど自力でこぎつけましたが

今のように再発不安もさっぱりなく
毎日を楽ちんに過ごせるようになったのは

UMIと出会ったからなんですね。


で、UMIマスターコースを受講した
収穫はそれだけではなくて

意識の仕組みについて学んだことで

あの10年間に母との間に
起こっていたことが

するすると謎解きできていったのです。


だからあの時、私は反発して、
どうしても母に歩み寄れなかったのだなと。


このカラクリを知ったときには
本当にスッキリしました。

だってね、

あんなに当たり散らして
ひどい態度をとってきたことを

ずーっとずーっと、
回復してからも責め続けていたから。

だけど、意識の仕組みから見れば
なるほど納得だったのです。



母は、私に過食や過食嘔吐を

「やめさせよう」と必死でした。

それは、

純粋に私の体を心配する思いと

父にバレたらまずい、
どんな仕打ちが待っているかわからない

という恐怖から。


当時の私は父とはほとんど
口をきいておらず

父の私に対する不満はすべて
母にぶつけられていました。

そんな仕打ちをずっと
受けていた母ですので

父にバレることが怖くないわけ
ないのですよね。

そして何より恐れていたのは

きっと

その父の不満の矛先が
私に向いてしまうこと。


これをなんとか阻止しようと
きっと母は必死だった。

ですが、

「やめさせよう」とすればするほど
私は反発するのです。


これが、意識の仕組み。


「やめさせよう」という母の心に
どれだけ私を想う気持ちがあっても

そのときの意識は

私を動かそう、操ろうとする
コントロールの意識です。


コントロールは、

自分の満足のために
相手のエネルギーを使おうと
していることになるので

相手からエネルギーを
【奪う】ことになります。



当時の母と私の場合だと、

「父にバレずに解決したい」
という母の望みがあり、

私を動かして、
私のエネルギーを使って、

(私に過食や過食嘔吐を
やめさせることによって、)

その望みを叶えようとしていた

ということになります。


こういう状態のとき、

コントロールされた側は
奪われたくなくて抵抗します。


「私のため」だと頭では分かっていても、

どうしても、

素直に「ありがとう、じゃぁやめるね」
とはならないのです。



そんな意識のやり取りをしていた
私たちは、どうなったのでしょう。

次回に続きます>>

 

UMIマスターコース10期
ただいまお申込み受付中!

3ヶ月のマスターコースは基礎講座の受講からスタートします!

【基礎講座日程】

会場受講
大阪 7/6(土)10:30~16:30
東京 7/7(日)10:30~16:30

オンラインでのご自宅受講
・7/7(日)9:30~13:00
・7/8(月)9:30~13:00
・7/8(月)13:00~16:30
・7/9(火)20:00~23:30
・7/10(水)9:30~13:00

◆動画LIVE配信をご自宅受講
・7/6(土)10:30~16:30(大阪会場より)

 

キラキラLINE@やってますキラキラ
過食症回復のお役立ち情報、読者さま限定のメニューのご案内などなど、ほっこり配信中♪
友だち追加
↑こちらをクリック
または @emj4345h で検索してみてください♡
 

いつも応援ありがとうございます^^

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 過食症・過食嘔吐へ
にほんブログ村