【商店街編】

第23話「雪解けのクリスタル」

 

本来は廃校編で卒業のはずだったのだが、現場のスケジュールが厳しくなり急遽もう一本書くことに。

23~25話のラスト3本の大まかな流れは横谷さんが作成していたので、それをベースに着手。

必要な要素は既に織り込まれていたのでプロットにはせず、そのまま初稿に入った。

私の中で流れは完全に見えていたので大きな修正もなく、初稿からほぼ完成形に近かった。

 

最終回までに決着をつけておかねばならないことは由乃らの生き方以外にもある。

ずっと観光協会と対置する存在だった商店会の今後である。

こればかりは実在する町をモデルにしている以上、慎重にならざるを得ない。が、ここまで来て聞こえのいい言葉でお茶を濁してしまってはこの作品を作った意味がない。堀川社長も菊池専務も当事者として覚悟を決めている様子だった。

 

どう考えても従来通りの駅前商店街は消える運命にあるだろう。野毛が立ち上げた廃校カフェの方がまだ流行りそうな気配がある。時代の潮流に対してあくまで抗うのか、それとも潔く受け容れるのか。会長である千登勢の決断が鍵を握っている。

 

そんな商店街に、ある企業が出店をしたいと申し出てくる。

このアイディアは誰が言い出したんだったか。私だったような気がする。これからみんなで一致団結して祭りに取り組もうというこの段階で、ちょっと皮肉な気持ちが芽生えたのだ。廃れきった商店街に救いの糸が突如垂れてきたとき、みんな浮き足立ってしまうんじゃないか。あんなに無気力だった人たちまで賛成に回り、反対派を数の論理で押し切ろうとするのでは、と。そしてそれこそ、異文化共生を謳う竜の民謡においては戒められるべきことではないのか、と。横谷さんも同調圧力が嫌いな人間なので、同じことを考えていたと思う。

町おこしとは何なのか。最終回を待たずにここで結論を出してしまってもいいとさえ私は思った。それくらい重要な回だ。

 

話数の都合でこの23話だけ一話完結の体裁となっている。そして私にとって自信作でもある。

前後編なら蕨矢集落編だが、一話完結の作品から選べと言われたら間違いなく私はこの商店街編を挙げる。

私が脚本を手掛ける際、最も重視するのは「流れの美しさ」である。村上春樹も同じことを言っていて、作品を一編の音楽に見立てるのだ。小説の場合は主に文章のリズムということになるだろうが、脚本においては構成の美しさだ。的確なコード進行、転調やフィルインのタイミング、サビの盛り上がりとエピローグの余韻。それらを常に脚本に置き換えて意識している。

 

その意味において商店街編はまさに私の理想とする美しさとなった。

次の項では恒例のエア実況と共に最後の解説といこう。