伊藤君の交渉により、ホテルのシャトルバスに乗せてもらえることになった。
陽気な兄ちゃんの運転で、いざレストランへ。




IRIweBLOG ~入江ブログ~-大味な造り




「IHOP(アイホップ)」という、一見普通のファミレス。
ドライバーは「アメリカに来たからにはまずここだね」といった様子。
映画『アイ・アム・サム』で主人公が「ここのパンケーキじゃなきゃヤだ」と駄々をこね
るのもこの店。

伊藤君が注文したのは普通のハンバーガー。のはずが……





IRIweBLOG ~入江ブログ~-メタボへの片道切符



いきなり度肝を抜かれた。
でかいにも程がある。しかもこの山盛りポテト。
これで何と$7.00。



一方、私が注文したチキンはこれ。




IRIweBLOG ~入江ブログ~-美意識ってもんが…


ヤケクソだろ、ブロッコリー。


何とか完食したものの、空腹でもきついほどのボリュームだった。
こんなものを朝っぱらから食べてりゃ、そりゃ太るわな。


アメリカ人の3人に1人は肥満らしいが、私の実感としてはそれどころではない。
ここ南部では3人に2人、いや、4人に3人は太っている。それもハンパじゃない太り方
だ。
こんな食生活に加え、車社会による慢性的な運動不足。太らない方がむしろ異常である。



彼らを見ていると、ほんの数㎏増えただけでダイエットに励む日本の女の子たちが可愛く思えてくる。
十分、細くて綺麗なのに。


逆に、肥満を気にしている人はアメリカへ行ってみるといい。
「……あ、いいんだ」って思えるから。


かく言う私もその一人である。
メタボ? はははっ、小さい小さい。