大腰筋の調整方法として、

ふたつめは、

抵抗をかけるというやり方です。


仰向けで、
大腰筋を調整したい側の膝を曲げてもらって、

股関節90度、

を保ってもらいます。

photo:01



膝を抱えて固定してあげて、
受けて側には、

「腰を浮かさないようにして、
膝を頭側に動かしてください」

と指示します。

あるいは少しこちらが、
膝を引き下ろすように力を加えて、

「ぼくの動作に抵抗するように膝を動かしてください」

と指示します。

「はい、力をいれて。抜きます。」
「はい、力をいれて。抜きます。」

というのを3、4回、
3呼吸ずつあいだをあけてやってもらいます。

これでも、
リセットをかけることができます。

し、
圧定する前にやっておくと、
お互い楽かもしれません。

(↑身体均整法学園、痛みの操縦法の講義で教わるL2検査の応用です)

①圧定法
③ストレッチ法
④刺鍼法



そして、

施術をうけるなら優しい対応、確かな技術→
伊良林鍼灸均整院 -Afina-(0359831881)
▼WEBでのご予約も承っております!



手技を学ぶなら技と理論の総合デパート→
身体均整法学園 (0088224813)