クリスマスだったので(?)


二冊読んでみました☆




『慢性疲労は首で治せる!』


http://ameblo.jp/irabayasi/entry-10419042397.html




と、


心と体の不調は「歯」が原因だった! (PHP新書)/丸橋 賢



¥756

Amazon.co.jp





前者は「首」、


後者は「歯」、


を、


慢性症の急所と捉えての主張ですが、


局所にこだわっていれば、


そこにすべてを集約してゆくのも自然な話で、


「手」


「足」


「背骨」


「骨盤」


「腹」


「耳」


とか、


それぞれ全身を集約する考え方は存在します。








こんかい勉強したこと↓↓↓


①よく噛むとセロトニンの分泌が促される。セロトニンは抗重力筋に作用し、姿勢をしゃんとさせる。気分や痛みのコントロールにもかかわっている。セロトニンが不足するとメラトニンも不足しちゃって眠れなくなる。




②臼歯が舌側に倒れこんできているタイプの人は、全員非常に体調が悪い。




③咬合力の強さと視力のよさには相関関係がある。




…のだそうです☆




それぞれ均整法的に、


応用がしやすく、


とゆーか、


均整法的に解釈したほうが、


面白いかもしれません♪









そして、

施術をうけるなら優しい対応、確かな技術→
伊良林鍼灸均整院 -Afina-(0359831881)
▼WEBでのご予約も承っております!


手技を学ぶなら技と理論の総合デパート→
身体均整法学園 (0088224813)
AD