表題の台詞が悲しすぎてだいたい泣いてた劇団IQ150まいです。

ミュージカルの感想……そうですね……

私は出演者ではなくスタッフだったので裏から見守っていましたが、
舞台裏は楽しい。
もう一度言うと舞台裏は楽しい。

私は下手側(しもてがわ・客席から見て左側)の舞台ソデにいたのですが、
ソデでは舞台と同じくらい、ドラマが起こっています。
なんせこれから戦いに出る役者の最後の通過点、緊張と不安でそわそわしていたり、そうでもなかったり。
ソデから舞台に出ていく瞬間の個性の出方は面白いです。
今回は舞台転換もかなり多く、黒服スタッフたちも幕の閉まった舞台裏で頑張っておりました!

たとえば生徒達が歌中で自分の机とイスを片付ける「考え中の歌」……
ソデでは生徒からイスや机を受け取っては流す、受け取っては流すと舞台裏でも戦争が繰り広げられています!
まさに人海戦術です。
これらの配置を考えてくださった舞台監督のゆうすけさんは凄いです。

最終公演の終演後、お客様お見送りのためロビーへ出ていく出演者の顔を見るのが毎年楽しみです。
泣きながら歌ったんだろうなぁ、という子ども、清々しい笑顔の大人、そんな顔を見られるもの、舞台スタッフの醍醐味。
みなさん、魅惑の舞台裏の世界へ来てみませんか?



(稽古場は絶賛後片付け中!来週からはまた、通常営業です!!)

次回はふみおさんへタッチ!
出演者のふみおさん、感想をどうぞ!!!