きょうもはなまる
男の子3人を育てながら、心理カウンセラーとして、カウンセリング、セラピー、講座などを行なっています。
そのきっかけとなったのは、育児のつまずきでした。

子育ては思い通りにならないから苦しい
一人で面倒見れない
などの思いを抱えての育児をすることは、楽しいより辛いが勝り、より負のスパイラルを発生させました。

そこから抜け出したくて始めたことが心理学の学びです。
今の育児の辛さは私の過去に作られた思い込みから来ていることも多いとわかり、自分を掘り下げることにより、自身の解放をしてきました。

難しい子だな、と感じることが多かった二郎に対しても、学ぶことで感情的になることが減りました。

ですが、だんだんと二郎が学校生活につまずきを見せるようになり、親との関わりを見ていくだけでは足りないのではないかと思うようになりました。
そんな時に発達障害の可能性を考えていくということも一つ、というところに行き着きました。

結果、自閉症スペクトラム障害であると診断されました。

この春診断を受けたばかりで、これから、です。
皆さんのブログを拝見したり、勉強したり、専門の方達と関わりながら二郎が社会で独り立ちできることを最終目標に掲げて進んでいけるといいな、という思いでいます。


ブログには、お仕事のことと、二郎との日々をメインに書いていこうと思いますが、ジャンルを絞ることなく好きなことも書いていきたいなと思っています。
また、基本的に予約投稿のブログになっておりますので、現在とタイムラグがあり、特に二郎に関する記事につきましてはUPされるころには心情や状況が変わっていることもございます。


ご縁がございましたらぜひ覗きに来てください。
最後までお読みいただきありがとうございました。





  • 16Jul
    • 面談と大きな変化

      なんとなく、『育てにくいなぁ~』と感じていた二郎の今までや、発達障害と診断されてからの日々子どもとの生活のなかで向き合うことになった自分のこと、心理カウンセラーや講師のお仕事のことなどを主に書いています一郎と三郎もときどき登場していますこのブログを最初から読んでくださる方はこちらから7月に入って、SSW(スクールソーシャルワーカー)、スクールカウンセラー、個別懇談で担任の先生とお話しする時間がやってきました。スクールカウンセラーさんとは月に一度の面談が8回目になり、随分とお話を聞いていただいています。状況によって私の気持ちや考えも微妙に変わるので、話が二転三転することもあると思いますが、話を聞いてくださるのはありがたいです。SSWの方とは、面談は2回目前回から今日までの経過や、私の考えを聞いた上で、良さそうな機関の方との面談を来月以降でセッティングしてくださることになりました。タイミングよく⁈個別懇談も始まったので、担任の先生ともお話ができて、この1日は疲れたけど大きな進展がある日になりました。さらにタイミングが重なったことがあります。この日の朝、ゲームやYouTubeの無制限状態について二郎に物申し、スマホを一定時間取り上げるということをしたのです。それに至るまでの背景もあり、その場の感情だけで取り上げたのではないです。これについてはまた別で書きたいと思います。結果として、次の日から学校登校にチャレンジすることが決まりました。さてどうなることやら。

  • 15Jul
    • カウンセリングのご案内を開始する前に…

      なんとなく、『育てにくいなぁ~』と感じていた二郎の今までや、発達障害と診断されてからの日々子どもとの生活のなかで向き合うことになった自分のこと、心理カウンセラーや講師のお仕事のことなどを主に書いています一郎と三郎もときどき登場していますこのブログを最初から読んでくださる方はこちらから年中児で登園しぶりをし、2年生の途中から躓き出して、4年生の春エネルギー切れを起こした二郎年中児の時は、なんでこんなうまくいかないの?とジレンマを抱えて、自分の予定が二郎の登園しぶりで変更することになったりするのでめちゃめちゃイライラして二郎に怒りをぶつけたりしていた時期苦しくて苦しくてベテランの幼稚園の先生に相談すると、一言お母さんの愛情が欲しいんだね………泣きましたこれ以上どうしろっていうの?私が悪いっていうの?ヒドイ!って。この頃、私の予定と言えば、たいていが子育て講座に通うことでした。自分の子育てが嫌でイライラする自分が嫌で逃げたくても逃げられない現実と戦うために大枚をはたいて子育て講座を受けていました。(オットさんに頼み込んで受講料を出していただきました)でも、二郎が登園しぶりをすると、遅刻するかもしれない、もしかしたら参加できないかもしれない高額ですし1秒たりとも聞き逃したくないってのもあり家の中を穏やかにしたいための講座に行けないかもしれない危機で子どもを怒鳴ってしまいました。ちょっと穴に隠れたくなるような過去です少しずつでも家庭内はよくなっていったので学びに出たことはよいと思っていたし今もそう思っていますが、ちょっと本末転倒なところもありましたね。そんな風でしたので、原因を探しても仕方ないのはわかってますけれどこの、年中児の時の登園しぶりの時に私がイライラして怒鳴ったりしていたことが、今の二郎の学校での躓きに多少なりとも繋がっているかもしれないなぁと…そんな気持ちも実は落ち込まない程度で持っています。(落ち込んだらよくなるかっていうと違うけど、でも忘れちゃいけないことだとも思っているからです)本人は覚えてないとケロっとしてますが潜在意識にはしっかり刻まれているでしょうから余計申し訳ない気持ちになります。でもね、じゃあその過去は消せるかって言ったら消せないんですよね。これからの時間で上書きしていくしかない。お勉強に出るようになって、5年以上たくさんのことを学んで、その度に気付いて、アップデートしてきたことで、意識も行動も大きく変わりました。その間に心理カウンセラーや講師のお仕事もするようになりました。今、二郎は発達障害の診断名がつき、学校にもほとんど通えていませんけれど、そんな時間を過ごしてきたおかげで私自身はその状況をショック・悲観として感じていないのが本音です。自分を責めることもしていません。もちろん、最初からそんな風にいられたわけではなくって、登校班で行けず、遅刻する宿題ができないという苦しい3年生のさなかには、どうしたらいいんでしょうって泣いて師匠に相談したこともあるし私も悩み、葛藤してきた経緯はありますよ今、心に置いていることは大まかに書くと二郎の人生の舵は二郎が握る私も人生を楽しむことを諦めない人間は不完全だ今の状況、選択はメリットがあるからこそのものALLOKです。なんのこっちゃ?でしょうか?でも、この考え方には救われてきました。そこで、まだ、2か月ほどのブログで、フォロワーさんも少ないですし、お仕事のことは全然書いてきていないので早いかな?とも思ったりしているのですが、メールカウンセリングオンラインカウンセリングのご案内をまずはさせていただこうかなという思いに至りました。こちらは、お住いの場所に関係なくやりとりできることや、時間を縛らないことがメリットです。フォーマットが整い次第、記事の末にご案内を掲載させていただこうかなと思っています。どうぞよろしくお願いいたします。

  • 14Jul
    • ショック!時代は変わってた

      なんとなく、『育てにくいなぁ~』と感じていた二郎の今までや、発達障害と診断されてからの日々子どもとの生活のなかで向き合うことになった自分のこと、心理カウンセラーや講師のお仕事のことなどを主に書いています一郎と三郎もときどき登場していますこのブログを最初から読んでくださる方はこちらから週末はちょっと脱線して、好きなことや興味があることなどジャンルにとらわれない投稿をしてみようと思いますʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ昨年末、女子飲み会に参加した時、何がどうなったかムダ毛の話になってかねてから疑問だったことみんな、なんでそんな堂々と脇を見せれるの?なんでそんな綺麗なの?ぶつけてみました笑そしたら今って、すごく安く永久脱毛できるんですってねー。びっくり!20年以上前、学生だった私が学業の合間を縫って必死でアルバイトしてもあっという間に吹っ飛んでいった永久脱毛の費用はなんだったの?ってくらいの値段!軽く20万は払ったと思いますよ。1分100円でニードルだったのでねー。時間と費用がかかりまくり。しかも、わたくしそんな理由から途中で脱落したのでなんかもう希望が見えたような過去の大金の支払いが辛すぎて思考停止したような複雑な心境に。いや、ほんと泣きたくなりましたよ大金払ったのにやってないのと同じ状況ですもん。でも、それ聞いて年明けから通ってます。店がとお〜〜ぃけど施術時間40分のためだけだけど車で1時間かけて通ってます。執念月に一度のこの日は、何としても死守!値段が安いからか予約がとにかく取りにくいので、一度予約したら基本最優先で行ってます。自己処理30年の蓄積はなかなかのものですが(…黒ずみとか、ポツポツしてるのとか。)そっちはまた無くすもの無くしてから考えますかね。そして、二の腕が出せるようになったら最高かな。子どもが生まれてから女子力って言葉が私の辞書から消えてたので遅ればせながら残りの人生は女性を楽しもう計画を画策中です。

  • 13Jul
    • ダメダメ主婦の奮闘記その5*どんぶり家計から脱出せよ

      なんとなく、『育てにくいなぁ~』と感じていた二郎の今までや、発達障害と診断されてからの日々子どもとの生活のなかで向き合うことになった自分のこと、心理カウンセラーや講師のお仕事のことなどを主に書いています一郎と三郎もときどき登場していますこのブログを最初から読んでくださる方はこちらから週末はちょっと脱線して、好きなことや興味があることなどジャンルにとらわれない投稿をしてみようと思いますʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔダメダメ主婦の奮闘記いくつめに、なるのでしょう?…5つめですね。今回は、ずっと気になっていたコレ↓前に、朝の情報番組スッキリ!で紹介されていてこれならやれそう〜って思ったんです。でも、まずは理解してから先に進みたいタイプのワタクシなので、やみくもにスタートは致しません(笑)⑴インスタで火がついたと言ってたので、インスタをフォロー⑵インスタに、書籍が載っているのを発見⑶近所の本屋を数軒はしごするも見当たらず、ネットで買うか迷い、図書館というテがある!と思いつく⑷予約して数日待ち、手元に♡こういう、要領が悪いところも私の特徴です⑸必要と書いてあるものを揃えるこれが、写真の状態です。これにプラス、30センチ物差しと、ペンと、電卓づんさんは無印良品の方眼紙なので、私も〜と思ったのですが、いかんせんこちらは田舎で、無印良品の店舗がございませんで…方眼ルーズリーフは数軒はしごして見つけてきました。ファイルは、こだわろうと思いつつも、早く始めたい気持ちが勝ったので、ルーズリーフと同じお店にあったものの中からシンプルな半透明のものにして、ダイソーの転写シールでデコしました。↑やってみて思い出しましたが、高校か大学のころ同じようにファイルの色で迷って、透明のにしてお気に入りのシールを貼ったっていうの、してました。変わってない自分に吹きました。さぁ、形は整った!スタートするには7/1がちょうどよいということでスタートしています。ちなみに、今年用に買った家計簿がありますが続いてません。もうまずここで無駄遣いになっちゃってるのですが!つけ始めは7/1なのでそれ以前のことはなかったことにしようと目論んでます。だって、遡るなんて考えるだけでクラクラするので。クラクラ家計簿じゃなくてラクラク家計簿目指してチャレンジしてみますね〜【中古】書きたくなるお金ノ-ト 楽しく、貯まる「づんの家計簿」 /ぴあ/づん (単行本)351円楽天マルマン B5  5mm方眼 ルーズリーフ  L1207216円楽天《期間限定割引!〜7/3まで》 電卓 シャープ ピンク おしゃれ かわいい 10桁 大型表示 早打ち マルチ換算 定数計算 傾斜表示 実務 事務用品 使いやすい カラー電卓 SHARP 【メール便不可】1,512円楽天【全20色】0.7mm ゼブラ/サラサクリップ0.7 「JJB15」 SARASA CLIP 0.7 さらさらとしたなめらかな書き味!ZEBRA71円楽天

  • 12Jul
    • 【読んだ書籍】マメ先生が教える幸せ子育てのコツ

      なんとなく、『育てにくいなぁ~』と感じていた二郎の今までや、発達障害と診断されてからの日々子どもとの生活のなかで向き合うことになった自分のこと、心理カウンセラーや講師のお仕事のことなどを主に書いています一郎と三郎もときどき登場していますこのブログを最初から読んでくださる方はこちらから読んだ書籍の記録です。こちらは、発達障害とは関係なく、仕事上の参考資料として、育児書として読みました。マメ先生が伝える幸せ子育てのコツ大豆生田啓友著赤ちゃんとママ社ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔマメ先生が伝える幸せ子育てのコツ1,188円AmazonNHKのすくすく子育てという番組をご存知でしょうか?5.6年ほど前にそちらに出演されているのを見てこの方のことを知ったのですが、書籍を拝読するのは初めてです。男性目線の育児書をほとんど読んでいなかったのですが、幼児教育の専門家としての記述に加えて、ご自身が父親となられてからの現実を赤裸々に書かれていてグイグイと引き込まれるような感覚がありました。なんていうのか、事件は会議室で起きてるんじゃない!現場で起きているんだ!ならぬ↓ ↓ ↓ ↓ ↓生の育児は教科書の中にあるんじゃない!リアルな生活にあるんだ!みたいなコトが書いてあるように思いました(あくまで個人的な解釈です)著者が実体験を通して肌で感じたからこそ見えた現実と、現代育児の問題点と今後の課題みたいなことが書いてあり、なんだか嬉しいような、あったかい気持ちになりました。だって、男性からの理解はママたちの救いになるじゃないですか世のパパさんたちがこんな風に育児を、育児に奮闘するママの努力と苦労を捉えてくれたらもっと育児を取り巻く環境や思いが幸せになると思うから。これはパパさんたちにも読んでもらいたい1冊です。出来事にもよるでしょうけど、喉元過ぎれば熱さを忘れるってことがあると思います。過去の私に起きた慢性睡眠不足からきた正常思考能力の低下、育児ノイローゼ今や時系列もあやふやですし、詳細が曖昧だったり抜け落ちたりしていると思います。出来事そのものも、今となっては脚色、遜色などないとは言い切れません。でもね、人間の記憶ってそんなものじゃないかなぁなので、お仕事柄時々育児書や体験記などを読むようにしています。今まさにお子さんに手がかかる!というママにとって、本を一冊読むことはハードルが高いことかもしれません。でも私のように読むのが遅い人でも1時間くらいで読めますし、そんなに小さな字じゃなく読みやすいです。こうだこうするべきだこうしなさいという指示型の育児本ではないので、ご興味ある方はぜひ本より講座がよい!というママのために、オンラインでの講座の準備を進めております。また、その講座のご案内を近々させてくださいね。

  • 11Jul
    • 【読んだ書籍】うちの子は育てにくい子

      なんとなく、『育てにくいなぁ~』と感じていた二郎のこと子どもとの生活のなかで向き合うことになった自分のことを主に書いています一郎と三郎もときどき登場していますこのブログを最初から読んでくださる方はこちらから発達障害の子を育てるお母さんの体験記のようなものも読んでみたいと思い、こちらを借りてきました。 【中古】 うちの子は育てにくい子 発達障害の息子と私が学んだ大切なこと /アマミモヨリ(著者)... 602円 楽天 自閉症スペクトラムと診断されたお子さんとの日々を綴った本です。Part1で書かれている「特性」については、本当に人それぞれだな~と思いました。障害名がついたからこそ、子どもの言動にいちいち特性をあてはめようとしたり、「こういうものだ」という決めつけをしがちな危険性があると個人的に気をつけていますが、こちらの本を読んで、改めて気をつけようと思いました。Part2では、子どもとの関わり方のコツが書いてあり、こちらは発達障害を持つ持たないにかかわらず大切で役立つと思います。心理カウンセラーとして子育て講座をしていますが、そちらでもお話する内容がちらほら子育ての参考書にもなりそうです。Part3では、暮らしやすくする工夫について紹介がありました。文字数もそれほど多くなく、読むのが遅い私でもさらっと読める本なので、ライトなものがいいと思う方に。

  • 10Jul
    • 給食登校な6月

      なんとなく、『育てにくいなぁ~』と感じていた二郎の今までや、発達障害と診断されてからの日々子どもとの生活のなかで向き合うことになった自分のこと、心理カウンセラーや講師のお仕事のことなどを主に書いています一郎と三郎もときどき登場していますこのブログを最初から読んでくださる方はこちらから6月登校した日は20.24 でした。20は久々の登校にもかかわらず、支援級の見学もしたし、昼休みに遊んでから帰るか先生二人や私から次々と質問されて疲れた様子でした。24は給食のみ相談室で食べるといっても、他に誰かいるわけでもなく、相談員の先生か、顧問の先生か、私という大人しかかかわりませんし、人目を避けるように急いで帰宅するといった感じですが、二郎にとっては意味がある登校なんだろうと思います。付き添い登校することで、私は予定を入れられませんし、入れてもキャンセルすることになったりで…お声をかけてくださる方にはご迷惑をかけています。給食登校だと、12時から13時半くらいの間は付き添わなければならないので、午前のなにかしらの催しにも行けず、ランチも行けず、な中途半端な時間なんですでも、二郎の行きたい気持ちが見えたら大切にしたい!最初は相談室でさえ足を踏み入れられなかったので、今、相談室に給食登校できているのは進歩です。先生方とは目を合わせたり会話したりができませんが、先生方のことを好意的に思っているということは帰り道などで話してくれていますし、以前アメンバー記事で書いた、第三者の風を入れるということが先生方を通じてできていったら…いいかな。次のステップを踏み出すのは二郎にしかできないので流れに任せるのみですけれど〜壁に掲示してあった修学旅行の写真を見て、いいなぁ〜と言っていた二郎掲示物を見る余裕も出てきたってことで、きょうもはなまる6月残りの日は、私に予定があるので給食登校はできず、6月の登校回数2回で終了脱ぎ履きしやすいので学校へはもっぱらこれで☆↓↑この色が好きだけどもう入手できなさそうですね

  • 09Jul
    • 【読んだ書籍】ぼく、字が書けない だけど、さぼってなんかいない

      なんとなく、『育てにくいなぁ~』と感じていた二郎の今までや、発達障害と診断されてからの日々子どもとの生活のなかで向き合うことになった自分のこと、心理カウンセラーや講師のお仕事のことなどを主に書いています一郎と三郎もときどき登場していますこのブログを最初から読んでくださる方はこちら読んだ書籍の記録です。読み書き困難がテーマのようですが、それだけではない親子の困難なども書かれていますので、全体的に参考になる書籍です。二郎は、1年生の頃は音読がなかなかスムーズにいきませんでした。たどたどしく1つずつ文字を発生するような感じだったので、「意味を理解しながら読むということはできていないだろうな。文字を拾うので精一杯だろうな。」と思っていました。だからといって特訓したりはしませんでしたし、音読の宿題も頑張ってやる姿は前向きに見えましたのであまり気に留めていなかったのです。しかも、読むことはその後上達したので余計に問題として捉えることがありませんでした。聞いてみると、黙読と音読は感覚が違うみたいですが、本を読んだりする姿も見られるので克服したのかもしれません。辛そうだなぁ、と感じたのは二郎が3年生のときでした。テストなどの記名部分にチェックを入れられるほど字体が崩れたり、枠からはみ出ていたりしていることが多かったり、不注意から無記名で提出することも多く、よく注意されていたようです。授業の様子を見てくださったスクールカウンセラーからも、二郎が読み書きが苦手な印象があると言われましたし、時々巡回してくださるお医者さんも同じ見解だったそうなので、これは間違いないと思っていたところでした。二郎は読むことよりも、鉛筆を持って文字を書くことが人よりも苦手なようです。宿題にパンクしてしまい学校に行き渋るようになったのも、宿題の内容が漢字ドリル、計算ドリルなど書くものばかりだからだと思います。次回の診察の時に、LDのことについて聞いてみようと思います。ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔぼく、字が書けないだけど、さぼってなんかいない発達障害【LD、ADHD、アスペルガー症候群】の読み書き困難NPO法人滋賀大キッズカレッジ手記編集委員会文理閣ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔぼく、字が書けないだけど、さぼってなんかいない 発達障害〈LD、ADHD、アスペルガー症候群〉の読 [ 滋賀大キッズカレッジ&地域教育支援センタ ]1,944円楽天

  • 08Jul
  • 07Jul
    • 習い事をやめたいんだって

      なんとなく、『育てにくいなぁ~』と感じていた二郎の今までや、発達障害と診断されてからの日々子どもとの生活のなかで向き合うことになった自分のこと、心理カウンセラーや講師のお仕事のことなどを主に書いています一郎と三郎もときどき登場していますこのブログを最初から読んでくださる方はこちらから週末はちょっと脱線して、好きなことや興味があることなどジャンルにとらわれない投稿をしてみようと思いますʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ今、一郎と三郎はスイミングスクールに週に一度通っています。二郎は、4泳法をマスターしたところで本人の意思で退会一郎はタイムトライアルのクラスへ進み、三郎は2泳法をマスターしたところ今日は、三郎の話題です。実は三郎がなかなかスイミングへのモチベーションを保てずにいて不安定です。過去、やめたい期が2回訪れ、今が3回目1回目は、少しハードな練習があったとき。コーチが、見込みがあるから、と少し負荷をかけたらキツすぎて続かない、やだ、と。2回目は、ターンがどうしてもうまくいかない。検定にも合格できない。もう無理、やりたくない。そして今回は、これから始まる平泳ぎに対し、平泳ぎなんて難しいに決まってる。やだ。です。書いてみて思うのは、自分で限界を作ってしまったときにやめたい発言がでるのかなと。もういかないやめるやめるって言ってきてねと言い放って遊びに行ってしまった三郎は、出発の時間になっても帰宅せず、休んでしまいました。私は、そうは言っても、時間になったら行くんじゃないかな?って期待してたんですけどね…残念でした。やめたい期が何度も訪れる三郎にとって、スイミングは私が考えるほど楽しいものではないのかもしれません。学校で必要な泳ぎはクロール、平泳ぎ、背泳ですよね?バタフライはいらないので、平泳ぎまでは頑張ってマスターするといいのにな、と親としては思うのですが、今回ばかりは三郎も意思が固そうです。2回目のやめたい期はスクールの日におやつを買ってあげることで乗り越えたのですが、今回は通用しませんでしたし、それほどまでに嫌なら一度やめさせてしまおうかなー、という気持ちにもなっています。また入会金が必要にはなりますが、再開したければ可能ですし。でも本当はまだ諦めてない(笑)習い事に対する考え方は人それぞれで、やると決めたなら最後までやれ!と考える人もいると思います。過去、二郎がやめたい期だったとき、そんなに嫌なら時間もお金も活きないからやめさせようと思うとSNSで呟いたことがあったのですが、あるママさんからそれは間違ってる!子どものためにならない!と直接メッセージが届きました。結果的に、その時そのメッセージとは関係なく、二郎は退会を止まり、目標以上のところまでマスターすることになりましたが、今回また似たようなケースです。私は、平泳ぎまでマスターしてほしいなと思ってます。だって、学校で必要だから。ここまで、心折れながらも頑張ってきたのに中途半端じゃない?もったいなくない?って思っています。けれど、ものすごく嫌で、やめたい、行きたくない、って思ったらやめたいって気持ち一辺倒になるのもわかるから(子どもの頃の私がそうだった)解放してあげてもいいか、って気持ちもあります。一度始めたら簡単にやめさせてもらえない、となると新しいことにチャレンジする気持ちが芽生えにくくなるとも思います。頑張ること続けること自分に勝つことそういうのも大事、と言われればそうなんでしょうけど、今までだってそれはしてきたわけなので、今までの努力と実績は認めたいなぁと思います。書いてみると、改めてこの考えは二郎の時と変わってないなぁとわかります。なんにせよまた入会金が必要にはなりますが、再開したければ可能ですし。ってことで、もう一回きちんと話をしてみて、それでも意思が変わらないなら退会手続きに踏み切ることになりそうです。もう一度書きますが、そうは言ってもまだ諦めてない(笑)ちなみに、二郎は、そのシステムを知ってまた再開しようかな?と迷っているみたいです。一郎は、三郎にやめないで!と懇願しています。退会受付期日は10日まで。ギリギリまで待とうかな。