子どもに学校は必要か?



GWらしくない毎日が続いていますね。

私の住む京都も

GWの京都とは思えない人の少なさです。

(貴重な景色・・)

緊急事態宣言の影響をもっとも受けているのは

お子さんのいる家庭

だと思います。



学校がいつから始まるのか?

・・も、不透明なままです。

こうなると、

家庭で勉強する


ということが必須になってきます。


そこで、私、

ふと思ったのです。
はたして学校は必要なのだろうか?

まず大前提として、

勉強は必要だと思います。

ですが、

勉強をするために

学校に通う、授業を受けるという形が

必須なのだろうか?

ということです。

私が

学校の必要性に疑問をもつ理由は・・
 

■勉強するのに学校は必要なのか
(1)学校では教えてくれないこと
(2)学びのスタイルの違い
(3)これからの学校


 

(1)学校では教えてくれないこと

まず、一番の理由は、
私が今持っている

生きるのに必要な知識は、

学校以外で学んだことが圧倒的に多い
ということです。

大学を出て社会人になってから、

お金、税金、社会のルール、

知らないことの多さ

に愕然とした人は多いのではないでしょうか。


(2)学びのスタイルの違い

大人になってから気づいたのですが、

私は、

授業を聞くよりも

自習が得意。

集団行動が苦手なので、

大人数で行う学校の授業は性に合っていなかったようです。

思えば、学生時代も

授業中は集中できないのですが、

家に帰ってからの勉強は何時間でも集中していられました。

それ以外にも

読むのが得意

聞くのが得意

見るのが得意
など、

得意な学習方法も人によって違います。

集団で学ぶメリットもありますが、

必ずしも9年間、12年間と

学校に通い続ける必要があるのか?

と思うのです。


(3)これからの学校

今回、私が思うのは、

学校なんて必要ない!という話ではなく、

学校に通うのが唯一の選択肢

という文化が変わっていくのではないか

ということです。

今回のコロナ騒動で、

リモートワーク

が一気に世の中に浸透しました。

それと同じように、

学校に通わずに家で勉強する

リモートスタディ
が普通になる可能性は多いにあります。

 

世の中の常識は

どんどん変化していきます。

今、緊急事態宣言で世の中は混乱しています。

こういう時に、

「政府はちゃんとしろ!」と文句を言っているだけの人、

変化した環境の中で、次を見据えて動ける人
・・どちらが変化していく世の中で生き残っていくことができるでしょうか。

***

実をいうと、

学校は必要か否かは、

私がいつも頭の片隅に抱えていた疑問でした。


学校生活は苦手でしたが、

学校生活で学んだことももちろんあります。

学生時代の友人もいます。

さらにいえば、

それなりにいい大学、いい会社に就職したことで、

私の人生こんなもんで終わらせたくない!!!!

・・みたいなプライドが生まれて

脱サラも投資もがんばれた

と、思っています。

でも、

学校を卒業して、

独学、自習で学べる環境になってからの方が、

断然!人生うまくいってる!

のも事実です。

だから、

もし自分に子どもができて、

もし、学校行きたくないって言いだしたらどうするかな?

なんて、いつもモヤモヤ考えていました。


それが今回のコロナ騒動で、

私の頃の常識は

次の世代の頃にはもう常識じゃないかもな

と、感じるようになりました。

そして、

次の世代には

新しい学びの形

が待っているのかも!

と、思うと

ちょっとワクワクしてきましたニコニコ



皆さんは、今回のコロナ騒動から何を感じましたか?
何を感じ、どう行動するか?

ただ文句を言っているだけでは、もったいないですよね。



***

・投資はどうやって勉強するの?

 

・少ない資金でも投資をしたい

・投資に興味はあるけど損をするのが怖い
・長期投資vs短期投資
・損をしない安全な投資とは?

ブログよりも詳しいお話、質問への回答などはLINEで配信しています。