私が誘拐された日10 | 『拝啓、夫が捕まりました。』でんどうし奮闘記

『拝啓、夫が捕まりました。』でんどうし奮闘記

鬱で元被害者の妻とつかまった夫の奮闘記。

☆中の人はこんな人です。→

 

☆ツイッター始めました。

今現在ツイッターが更新最速です。

 

☆質問は→☆★☆でんどうしQ&A☆★☆

☆前置きは→最低限の前置き

 

 

こんにちわ。

でんどうしです。

この度の豪雨災害で

被災された方に

お見舞い申し上げます。
 

前回は私が知らない人に知らないビルの

踊り場まで連れて行かれたところで

終わりました。

前回まではこちら

もうだいぶ辛い展開ですが

ここからもさらに辛くなります。

続きをどうぞ。↓

 

体を触られた。

 

読者さんの中で本当に

この話が辛くてたまらない人が

いると思います。書いている私も

かなりキツイです。

私を好いていてくれる方にとって

この事実がどれほど絶望的か

理解しています。

私も好意を寄せている人が

自分の心の痛みを話している

時は胸が痛いです。

じゃあなぜ、この話を

するかというと、拝捕でも

伝わっていると信じていますが

『同じ境遇の方を一人ぼっちに

しない為』です。

私がこういう事に遭ったよ、

とここに書いて、広めて、

「ああ、私だけかと思っていたけれど

私と同じ境遇の人が居て、生きていて

くれている」と思ってもらう為です。

 

何度も繰り返しますが、これは

何かや誰かを貶める為のブログでは

ありません。また私がこんな事に遭った、

私はかわいそうなんだ、って

言っているつもりもありません。

(ただ人の基準によっては可哀想って

思う人もいると思いますが。

思ってくれた方はありがとう)

伝わらなければ、伝わっていない

と思いますが私の読者さんなら

きっとこのブログの真意を

読み解いてくれると信じています。

 

それからご質問があると

思うのですが補足です。

具体的には何をされたんですか?

という質問にはお答えできません。

(※お仕事・取材についても

お答えできません。)

何故かというと、私の母や

親戚・親友が悲しむからです。

コメントでもお答えできませんし、

メッセージでもお答えできないと

思います。逆の立場で考えて

貰えれば理解してもらえるのかなと

思うのですが、自分の大事な人が

傷つけられたことを詳細に話す姿は

親兄弟友達は胸が潰れる思いを

すると思いませんか。

私なら止めると思います。

(勝手ですけど。)

私の独断だけでは難しいと

いうのも一つあります。

夫も推奨はしていないので。

ていうか私もここが色々

ギリギリ限界です。

私がこの件を書けることだけ、

書くことを止めない事に関しては

「生き残った者」として

書かなければならないと思っていて、

それを周りが理解して、信じて

くれているからです。

これからもっと辛い話をしますね、

ごめんなさいね。

私はこの時、死んでもおかしく

なかったと思っています。

だって触れるほど近くに

犯人がいたのですから。

生きているから、書けるから

書いています。

書けない人は書かなくて

いいんです。

これは私のやりたいことなので。

私が書いて、誰かに寄り添えるなら

いくらだってブログを

書こうと思っています。

 

ごちゃごちゃ書いたんですけど

「絶対身内悲しんでるよ」って

思われると思っていますが

私も私を想ってくれる人の

気持ちを蔑ろにしているつもりも

無いですし、私が決めたことだし

苦しいけど、今は大丈夫だよ!

大丈夫じゃ無くなったらそっち行くからね!

それから絶対に誤解されたくない

のはこういうことで傷ついた人が

私もこう生きなきゃ、とか

私も頑張らなきゃ!って無理に

思わないで欲しいなって。

私にも出来ることと出来ないこと、

やりたい事とやりたくない事が

あります。どっちでもいいし、

現実から逃げてもいいし、

なんならこのブログから遠ざかっても

いいです。全ての記憶に

蓋をするのもいい。

私もそうでしたから。

戻ってきたり、また歩みだしたり

するのは自分が大丈夫な

時だけでいいです。

(極端な話、私だってむっちゃキツかったら

ブログ止まっちゃいますし)

 

最後に。

知らない人に知らないところに

連れてこられて、自分の体に

触られて、私は本当に悲しかったです。

全然平気じゃないです。

どうしても、ネットを通してしまうと

伝わらないこともあって、

私も伝えるのが上手くないので

言葉を書き尽くすことしか

出来ないのですが

私は辛かったです。

 

私の体を触った誘拐犯。

誘拐犯に体を触られた私。

 

そしてこの『誘拐された日』が

拝捕に繋がっている話とは

思って無い人も多いかと思いますが

引き続き描いていこうと

思います。

次回更新をお待ち下さい。

 

↓他の記事を読む↓

拝啓、夫が捕まりました プロローグはこちらから

私が不動産屋になるまで 第一話はこちらから

 

方向修正をしたでんどうしの

インスタはこちらです↑

 

☆ブログランキングに参加中!

一緒に戦ってくれる方はクリックをお願いします。


絵日記ランキング

 

私が誘拐された日11へつづく(次回更新予定です)