大河ドラマ「 鎌倉殿の13人」

第24話「変わらぬ人」

2022.6.19放送

NHK総合,BSプレミアム

こんばんは~照れ
昨日の続きです。
 
この回の二本柱のうち
大姫のことを書きたいと思います。
 
以下
ネタバレ
史実バレ注意
 
大姫。
木曽義高と死に別れて以後の彼女は
三谷大河では
ちょっと危ない、心が病んでしまった人~みたいに描かれていましたが。
 
迷信深いのも
死者を身近に感じるのも
当時に限らず
深く想う人が亡くなってしまえば
(まして非業の死!)
誰でもあり得ることお願い
 
大姫は
ある意味まっとうな
心がキレイな姫だったのかな~
と思います。
 
頼朝が伊豆の流人に過ぎなかった頃の気楽な環境で
きっとのびのび育ったのでしょう。
 
権力闘争などとは疎遠で
まして、おのれの婚姻が
一族をあげての政争の旗頭になるとは、想像したこともない環境で、幼年期を過ごしたのでしょう。
 
その点、万寿とはちょっと違う?
 
童女から少女にかけて。
父母の立場が大きく変わったのは
頭では知っていたのでしょうけれど。
おのれ自身の立場の変化に立ち向かう気概など、なかったに違いない。
 
ある意味ふつうの少女だったのでしょうね。
 
その大姫が。
今回は、ちょっと勇気を出していました。
(巴に会いに行った口笛
 
 
後白河法皇の死でいったん白紙になった大姫の入内話の代わりに
親戚(昨日も書いたけど従兄妹)の
一条高能と縁談が持ち上がって。
 
高能はわざわざ
京から鎌倉へ下ってきました。
なかなか楽しげに(高能はてへぺろ)
過ごしている様子だったのに。
大姫は断るため(だと思う)
”わたしには許嫁がいる”
と義高のことを持ち出し、
高能を気味悪がらせ、
追い払ってしまいました。
 
頼朝は怒り心頭キョロキョロ
政子になんとかするように言う。
 
政子は
妹の実衣に頼って。
 
実衣は
大姫が迷信深いことをいいことに
夫・全成と策を練り、
呪術を使い
死者(義高)を呼び出すことにする。
(これもある意味、大姫のことを想った行動で~責められないなニヤリ)
 
「わたしのことはもう忘れてください。あなたの想いはうれしい。
しかしその想いが強すぎて
わたしは極楽に往生できない」
 
そう言われても。
もう大姫は
そのままその言葉を信じない。
 
危ないくらい、占いや呪いに
はまっていた頃から
成長していた、ということでしょう。
 
これは母と、
伯父伯母夫婦が仕組んだことなのだ、とすぐわかる。
 
腹を立てて席を立つ大姫でしたが。

全成が義高のふりをして
言ったセリフには
少し刺さるものがあったようです。
わたしのせいで義高さまは成仏できないのか?
 
信仰深い当時の人々の常識では
十分あり得ることでした。
(きっとキョロキョロ)
 
大姫はまともです。
少なくともこの時はえー
病んでいないと思います。
 
時は人を癒してくれるのですね。
 
それは大姫が
勇気を出して会いに行った
巴にもいえることだったようです。
 
この三谷大河では
敵であった
和田義盛に再嫁している巴御前。
(伝説では義盛の三男
朝比奈義秀を産んだといわれる。
『源平盛衰記』)

巴に大姫は打ち明けます。
 
「こわいのです。
あれほど冠者殿(義高)をお慕いしていたのに、時が経つにつれ、お顔や声や手のぬくもりが、わたしの中から消えてゆく」
 
親しい人を亡くした人ならば
きっと誰もが経験し
苦しむことなのでしょうね。
(幸いにも?キョロキョロ
私にはまだこれほどの経験はない)
 
義高が消えてしまわないように
義高の話をしてくれ、と言う大姫に
巴は年長者らしく
若い娘に応対します。
 
「わたしの話をします。
木曽義仲殿にわたしは全てを捧げ、お仕えいたしました。
わたしにとってあのお方は主であり、そして・・想い人でございました。
義仲殿が亡くなられ、生きていても仕方がないと思いました。
でも・・和田殿は大事にわたしを扱ってくださった。
わたしは今、死ななくてよかったと、心から思っています。
人は変わるのです。
生きている限り
前に進まなければならないのです。
わたしは悔いてはおりません。
それで腹を立てる義仲殿ではない」
 
長いセリフですが、
引用させていただきました。
泣けたえーん
愛する人を亡くした人
すべてに響くセリフだろうなアセアセ
 
「冠者殿について、姫にお話しすることはなにもありません。
あれほど慕ってらっしゃった姫が忘れかけているのです。
わたしが覚えているわけがないではないですか。
面影が薄らいだということは、
冠者殿が前に進めとおっしゃっているのですよ」
巴御前、神対応びっくり
同じように、強く想った人を亡くした先輩とはいえ~ここまで見事に姫を励ますとは。脱帽チュー

(このために巴御前と義盛を結びつけておいたな~と伏線読みグラサン)
 
義高ゆかりの巴ならではでもある。
(政子には無理~てへぺろ
 
巴のセリフに大きく頷く大姫。
 
前に進もうと決意した大姫は
さらに勇気を出して
父・頼朝へ言うのです。
 
「京へ参ります。
帝のお妃となるお話、もういちど進めてください」
 
驚く頼朝。
「行ってくれるのか」
 
「それで父上や母上のお役に立てるのなら、喜んでお受けいたします」
大姫。
ようやく現実を見据え、
前をむいて歩き出す気になったのですが。
 
優しい人というのは
用心深くなれないところがあるもの。
 
帝の妃になる、
宮中へ入る、ということが
どうゆうことなのか。
わかっていないニヤリ
 
一条高能に詫びを入れて
もういちど縁談を進めるほうがよかったのに、と思いました。
 
まぁ、史伝を知っているからいえる勝手な発言ですけどねグラサン
 
 
長くなったので、大姫の話。
京へ上ってからのことはまた後日にします。
 
次回は範頼の話。
伊豆へ蟄居するまでを書きたいと思います。
 
 
お読みいただき
ありがとうございました。